ニュース[団体からのお知らせ]

教室にお菓子と笑顔を分けてください!

アスイクでは22ヶ所の教室を運営しており、
多くの教室で、こどもたちがクリスマス会を企画しています。
普段の勉強の場とは違う交流会は、こどもの意外な個性の発揮の場になったり、
安心できる居場所づくりの機会になっています。

教室イベント
岩沼教室「晩夏のお好み祭り」

%e5%b2%a9%e6%b2%bc9-3

教室イベント
南光台教室「教室開室 1周年記念パーティー!!」

1周年パ8

このクリスマス会への、お菓子や飲み物の寄付をお願いいたします。
%e3%81%8a%e3%81%8b%e3%81%97
・年内、賞味期限切れがないものでお願いします。
・本部事務所へお届け願います。
(恐れ入りますが、配達費用もご負担願います)
 所在地:〒983-0852 宮城県仙台市宮城野区榴岡4-5-2  大野第2ビル2階 
 電話:022-781-5576

笑顔のあふれる教室づくりに、ご協力お願いいたします。

【参加者募集】地域創造基金さなぶり主催「寄付のチカラ  ~欲しい未来へ・地域のささえあい~」

公益財団法人地域創造基金さなぶりが主催する寄付月間のイベント

「寄付のチカラ  ~欲しい未来へ・地域のささえあい~」に登壇します。

「青葉城恋唄」で有名なさとう宗幸さん、元読売ジャイアンツの松本匡史さんなど、スペシャルゲストも。

地域の課題へのかかわり方を探していらっしゃる方にご参加いただければ嬉しいです。

イベントの詳細、お申込みはこちらから

sana_kifu2016

 

 

改めて御礼!! 夏の寄付キャンペーン

応援、ありがとうございました!
皆様の、ご寄付、記事の”シェア” “いいね!” すべてが力となりました。
normal-%e7%ac%91%e9%a1%94%e3%82%b8%e3%83%a3%e3%83%b3%e3%83%97

6月~8月に実施しておりました、寄付キャンペーン
docomo東北復興・新生支援
  『笑顔の架け橋Rainbowプロジェクト』
において募らせていただたご寄付を、10月末正式に受領いたしました。

本キャンペーンでは、お陰さまで
延55名の方から総額540,700円をご寄付いただき、達成率108%で目標を
達成することができました。

更に今回は、NTTdocomo様から50万円を追加寄付いただき、
最終的には1,040,700円の寄付となります。

この金額は、経済的に余裕のない3人の子どもが1年間、利用料の減免を受けて
フリースクールに通うための原資となります。
full-photo

そして、フリースクールを利用したい子どもは、潜在的はまだまだ多くいるのが現状です。
(夏休み終了間際より、新たに多くの参加問い合わせを頂いております)
   今後ともアスイクの活動にお力添えいただきますよう、よろしくお願いいたします。

★途切れないエールを!経済的な困難を抱えた子どもたちに★
  ↓
マンスリーサポーター募集中
毎月の定額寄付で、経済的な困難を抱えた子どもたちをサポート。
月500円からムリなくサポートいただけます。
http://asuiku.org/?page_id=3649

☆夏の寄附キャンペーンの記録はこちら☆
  ↓
「6人に1人は貧困。宮城の学校に行けない子どもたちに、
 安心して過ごせる居場所を!」
http://japangiving.jp/p/2205

【お知らせ】11/29(火)子どもの貧困・教育支援シンポジウム「Kids’ Day JAPAN in 福島」開催!

全国子どもの貧困・教育支援団体協議会、全国キャラバン第2弾となるシンポジウムを福島で開催いたします!


日本における子どもの貧困問題を解決するため、日本各地で教育支援活動を続ける4団体による事例紹介、そして来場者様との双方向のディスカッションを通して、教育支援活動のさらなる推進のための手がかりを来場者の皆様と一緒に探っていきたいと思います。


日本に生きるすべての子どもが、夢や希望を持つことができる社会を一日も早く実現するため、是非、私たちと一緒に、未来のための一歩を踏み出すきっかけを探しにきませんか?



「UBS Social Innovators 2016」shortlistに選出!

ubs-social-innovators-shortlisted-candidate-apac

アスイクは、UBS(※1)がアショカ(※2)とのパートナーシップにおいて実施している「UBS Social Innovators 2016(※3)」にて、1,200以上の応募者の中からアジアパシフィックリージョンのshortlist12団体に選出されました。12団体の中で、日本からの選出は当法人のみです。

UBS Social Innovators 2016 shortlist

20161022日、23日にシンガポールにて開催された最終選考会である「APAC Regional Summit 2016」では、残念ながら最優秀賞には選ばれませんでしたが、当法人が仙台市をはじめ、多様な団体とクロスセクターの連携によって実施している困窮世帯の子どもの包括的な支援事業は、海外からも高い評価を受けました。

今回の評価をありがたく受け止め、現状に妥協することなく、これからも「さまざまな生きづらさを抱えた子どもたちがよりよく生きられる、震災後の社会を築く」ために、さまざまなチャレンジを続けていきます。

img_1020

img_1016


※1:スイスに本拠を置く世界有数の金融機関グループ(https://www.ubs.com/ch/en.html

※2:社会起業の父といわれるビル・ドレイトンによって、1980年に設立された世界的なソーシャルアントレプレナーの支援ネットワーク。39カ国にカントリーオフィスを設置し、90カ国で活動を展開。

※3:世界の優れたソーシャルイノベーターを公募により選出し、Bootcampと称する1日の研修プログラムの提供や社会起業家同士のネットワーキングを行なう。また、翌日のビジネスリーダーを審査員とした「APAC Regional Summit 2016」にて選出された特に優れた事業に対しては、1年間の伴奏支援、社会的投資を行なうプログラム。https://www.ubs.com/microsites/social-innovators/en/home.html

【参加者募集中】高校進学の「しくみと費用、教えて講座」を開催します。

%e4%bf%9d%e8%ad%b7%e8%80%85%e8%ac%9b%e7%bf%92%e4%bc%9a%e3%83%86%e3%83%bc%e3%83%9e%e2%91%a0%e3%83%81%e3%83%a9%e3%82%b7

役員の異動に関するお知らせ

平成28年10月4日

関係各位

特定非営利活動法人アスイク

代表理事 大橋 雄介

 

役員の異動に関するお知らせ

 

当法人は、平成28年9月29日開催の理事会において、役員の異動を決議しましたので、下記の通りご報告します。

 

1.役員の異動(平成28年10月1日付)

氏名 新役職名 旧役職名
鈴木 綾 常務理事 理事

 

以上

スタッフ紹介 国久大典

6月から常勤スタッフとして勤めることとなりました、 国久大典 と申します。
よろしくお願いいたします。
 

履歴書より
履歴書より

 
業務は、経理・総務・人事・広報を受けもっており、
活動の中で皆さまのお目にかかることは中々ないかもしれません。
 
ホームページ記事をUPした時のTwitterで、
出鱈目なアオリ文句を入れているのが私です。
 
 
出身は岩手県安代町ですが、
現在は隣接2町村との統合により、八幡平市という名前に変わりました。
統合3町村の中では、最大の面積で最小の人口という、
緑豊かなところで育ちました。
 
 
高校時代の演劇部からはじまり、
現在も仙台市内でアマチュア劇団での活動もしております。
 
シャイな反面、乗せられるとジョンレノンの格好をして
酔って帰ったりもするお調子者です。
宜しくお願いいたします。
 
ジョンと飼い猫まなしろ
ジョンと飼い猫まなしろ

(国久)

[寄付キャンペーン残り3週間、達成率35%]

ただいま、docomo東北復興・新生支援『笑顔の架け橋Rainbowプロジェクト』において、寄付を募らせていただいております!

「6人に1人は貧困。宮城の学校に行けない子どもたちに、安心して過ごせる居場所を!」
http://japangiving.jp/p/2205

本プロジェクトでは、皆さまからいただいた御寄付と同額の活動支援金を、
NTTドコモ様よりいただける仕組みとなっています。

これまで、27名の方の御支援により、総額175,500円の御寄付をいただきました。
誠にありがとうございます(^^)!

ですが、目標金額達成までには未だ30万円ほど不足しております・・・
この投稿をご覧になってくださったみなさま、ぜひ、御支援をよろしくお願いします!!

※寄付の方法としては、クレジットカード決済やネットバンキングのほか、
お電話での寄付も可能でございます。
<ジャパンギビング>
電話番号:03-6272-3659
受付時間:9時~18時
受付可能日:月曜日~金曜日(祝日、年末年始等は除く)

パソコンのご寄付をいただきました。

東日本大震災後に物資支援やITのご支援をされてきた「ITで、日本を元気に!」(MISA)様から、

ノートパソコン10台をご寄付いただきました。

熱い中、わざわざパソコンを搬入してくださったSRA東北の阿部社長、楢木様、ありがとうございました。

いただいたパソコンは、子どもたちがeラーニングを使って学習するために使わせていただきます。

IMG_1859

アーカイブ