レポート[活動のご報告]

「多賀城こども食堂」イベントいっぱい!そしてブームは続く…

2月中旬に春一番が吹き荒れ、春の訪れを予感しながらも、
日中と朝晩の寒暖差にまだまだ春は遠いのかなと感じている今日この頃です。
 
 
 
さて、2月の「多賀城こども食堂」はイベント尽くしでした!
 
2月3日は、節分ということで、みんなで恵方巻きを作りました。
それぞれ自分で具を決めて巻き巻き…初めて巻く子どもが多く、戸惑っていましたが、
コツを教えるとみんな楽しそうに作っていました。
 
『「北北西」を見て声を発することなく恵方巻きを食する』
しかし太巻き1本を何もしゃべらずにただ食べ続けるのは大人でも苦痛です…
みんな途中でしゃべりたくなってしまい途中棄権者が続々…
最後まで食べ切れた人はほとんどいませんでしたが、楽しかったのでいいかと和やかな雰囲気で終えました。
多賀城0322-1
 
多賀城0322-2
 
 
2月10日は春巻きを作りました。
春巻きは、まず中の具を作って、冷ましてから包んで揚げるという、何段階も行程があるということを作りながら知り、
思っていた以上に時間がかかるんだなと痛感…
 
「下總さん!バレンタインチョコくれないの?」と
1月の終わりから何度も男女関係なく子ども達からリクエストをもらっていたので、
チョコの入ったおもちもデザートとして作ってみました。
チョコもちは白玉粉で簡単に出来るものでしたが、子どもたちには好評で、何個もお代わりしてくれました。
多賀城0322-3
 
 
2月17日は野菜の肉詰めがメインでした。
ピーマンの肉詰めとシイタケの肉詰め、そしてグリーンサラダ。
かなり野菜が多めのメニューでしたが、野菜が苦手な子ども達もたくさん食べてくれました!
多賀城0322-4
 
 
2月24日は肉が最近続いていたので、魚料理にしてみました。
今が旬のぶりを使ったブリ大根をと思っていたのですが、ブリの数がなく、赤魚も使って2種類の魚の煮物を作りました。
これが意外に好評で、さっぱりした赤魚がいい子ども、脂ののっているぶりがいい子どもと分かれたため、これはこれで良かったと思います。
付け合せのレンコンと雪菜の醤油マヨ炒めも人気で、完食してくれる子どもが多かったです。
多賀城0322-6
 
多賀城0322-5
 
 
 
相変わらず、ご飯の前後は縄跳びがブームです!
毎回みんな縄跳びを持ってきて、二重飛びが何回飛べるか、こんな飛び方出来る?などと競っています。
大人も負けじと参戦しますが、なかなか子どもの体力にはついていけず…
汗をかきながら楽しんでいる子どもたちを見ていると、笑顔が自然とあふれてきます。
 
2月も活気あふれる空間にすることが出来て本当に良かったです。
3月はより子どもたちのリクエストに応え、みんなが残さず食べられるような工夫をして
楽しくご飯を食べて過ごしたいと思っています。
 
(下總)

JICAノンフォーマル研修で講師を務めました。

JICAが開催している日本のノンフォーマル教育に関する研修で、講師を務めさせていただきました。

実は2015年にも講師を務めており、今回は2回目。

日本の見えづらい貧困の現状を、ひとり親がワーキングプアに陥りやすい構造や児童虐待の通報件数などに触れながらお話しました。

参加者は、アジア、中東で識字率の向上や困難な状況にあるこどもたちの支援に取り組んでいらっしゃる政府関係者など。行政との関係や効果測定についても、活発に質問をいただきました。

アフガニスタンでは軍隊にフードバンクのような取り組みがあったり、収入の数パーセントは寄付をする慣習があるそうです。

こちらからも各国の現状をもっと教えてほしかったのですが、あっという間に2時間半が経ち時間切れ。

また機会があれば、今回のようなお役目をお引き受けしたいと思います。

アスイク写真2

アスイク写真3アスイク写真4

『第14回震災心のケア交流会みやぎ』

相談支援スタッフの鈴木康真です。
最近紅茶にハマっています。
ティーポットでおいしく紅茶を淹れることができるよう研究中です。

今回は活動報告ということで、アスイクより鈴木が参加した、
みやぎ心のケアセンター(http://miyagi-kokoro.org/)主催の
『第14回震災心のケア交流会みやぎ』(1月17日)についてレポートします。

この度、貴重な機会をいただき、
交流会で行われたワールドカフェの中でカフェマスターとして、
アスイクのブースを出させていただきました。

テーマは「つながり」ということで、
参加者のみなさまと「あなたがつながっていくためにしていること」を報告し合い、
ワールドカフェ形式で様々な意見を加えながら、
最終的には下の写真のようなまとめができました。
心のケア交流会1

今回の交流会に参加して、
これまでアスイクの活動を知っている人にも、初めて知った人にも
アスイクの活動内容をご理解して頂けたと感じましたし、
支援者同士が意見交換することで、
支援者同士のつながりも再確認できました。
個人的にはアスイク以外の方から意見を聞く機会があったことは、
とても貴重だったと捉えております。
提供している支援を独りよがりなサポートにしないためにも
外部からの視点を定期的に入れることは本当に大切だと感じました。

また、交流会の後半では
みやぎ心のケアセンターのセンター長である小髙晃様の貴重な講話も聴くことができ、
こちらも大変勉強になりました。

「アスイクの名前は知っているけど、
具体的にどのような活動をしているかは知らなかった」
というようなお声も当日は耳にしましたので、
より地域に根付いて活動できるよう、
今回のような多くの方とつながっていく活動も大切にしたいと思います。

(鈴木康真)

編集注
公開が遅くなりました。
併せて、新聞記事もご覧ください。
『河北新報にアスイク参加のイベントが掲載されました』

おりざの食卓

こんにちは、学習支援コーディネーターの四戸です。
1月5日の小寒から2月3日の節分までは「寒の内」と呼ぶそうで、その名の通り厳しい寒さが続いていますね。
 
 
さて、そんな寒の内、長町教室の子ども達やボランティアさんと一緒に、
「おりざの食卓」へ夜ごはんをいただくため伺いました!
おりざ01
 
おりざの食卓とは、食育の推進と家族支援を行っているNPO法人「おりざの家」が、9月より取り組んでいる夕食支援です。
今回、同じ地域で活動しているなど御縁あってお声を掛けていただきました。
 
メニューは、こちら!
おりざ02
本当は、料理全体を写した写真があればよかったのですが、
子どもたちと「おいしいねっ!」と食べる中で忘れてしまいました。。。
 
 
配膳のお手伝いをみんなで行い、おりざの家の方たちと一緒に「いただきます!」
おりざ03 おりざ04
 
アツアツのけんちん汁や揚げたての春巻きなどに舌鼓を打ち、子どもたちスタッフ一同、おいしくたくさんいただきました。
おりざ05
 
毎週、教室では一緒に過ごしているのですが、食卓を囲むという機会はこれまでほとんどありませんでした。
そのため、教室では見えなかった新しい姿を見ることができたり、
あまり話したことのなかったボランティアさんと子どもの間に関係が出来たりと、とても有意義な食卓だったと感じます。
おりざ06
 
残り2回の開催が予定されているので、参加してくれる子どもの数が増え、また新しい発見やつながりがあればと思います。
 
(四戸)

「多賀城こども食堂」泣いて笑って!遊んで勉強して!

1月になり、雪がたくさん降ってかなり寒かったり、太陽燦々で温かかったりと、寒暖差の大きい宮城です。
全国的にも風邪やインフルエンザ、ノロウィルスが流行っていますが、予防が重要です!
こども食堂でも手洗い・うがいなど徹底してやっております。皆様もご自愛ください。
 
 
さて、1月は6日から「多賀城こども食堂」を開設しています。
新年1発目のメニューは、正月らしさを出せたらと思い、お雑煮とちらし寿司と白菜の塩昆布和えを作りました。
炭水化物が多かったため、子どもたちはかなり満腹だった様子でした。
多賀城0206-1
 
 
1月13日は中華が食べたいというリクエストがあり、酢豚、トマトと卵の炒め物、白菜のスープを作りました。
スタッフの感覚に頼った分量により、酢豚は一人分がだいぶ少なくなってしまってしまいました…
もっとみんなに食べてもらえるように、きちんと目測の力をつけたいと思います!
多賀城0206-2
 
 
続いて1月20日は打って変わって洋風に。麺類を食べたいというリクエストで、パスタにしてみました!
ミートソース・サケのクリームソース・大根とツナの和風パスタの3種類を用意し、好きなものを食べてもらいました!
ミートソースの写真は撮り忘れてしまったのですが、一番人気はミートソースでした!不動の人気ですね!
子どもたちはなかなか食べたことのない料理に抵抗があるようで…でも食べてもらうと「おいしい!」と。
多賀城0206-3
 
多賀城0206-4
 
 
1月27日は初めての韓国料理に挑戦!ヤムニョムチキンというエビチリ風のチキンとわかめスープ、チョレギサラダを作りました。
辛いのが苦手な子もいますが、甘めのソースにしたので、食べてくれました。
多賀城0206-5
 
ご飯のあとの楽しみがこどもたちには待っていて、27日には子どもが縄跳びを持参。
その縄跳びがみんなの心に火をつけ、みんなで縄跳び大会に!
飛び方を披露したり、みんなで何回飛べるかチャレンジしたりなど、みんなで汗をかきながら楽しみました!
多賀城0206-6
1月も子どもたちが元気に過ごしてくれてうれしい限りです。
 
2月も節分やバレンタインなどイベントがたくさんありますので、
料理も工夫して楽しくご飯を食べて過ごしたいと思っています。
 
(下總)

「子どもの貧困対策 全国キャラバン in 山形」開催

2月5日(日)に、山形市で開催された「子どもの貧困対策 全国キャラバンin山形」(公益財団法人あすのば主催)。

当日は、あすのばアドバイザーの一員としてリレートークなどでお手伝いさせていただきました。

参加者数は、県の職員や支援団体のメンバーをはじめ90人以上。

非常に活気のある時間となり、子どもの貧困問題に対する社会的な関心の高まりを改めて感じました。

IMG_1090

 

▼NHK:子どもの貧困「支援拡大を」
http://www3.nhk.or.jp/lnews/yamagata/6023342721.html…

山形新聞:子どもの貧困なくそう 山形で全国キャラバン、連鎖防ぐ「地域の見守り」
http://yamagata-np.jp/news/201702/06/kj_2017020600153.php

朝日新聞:山形)子どもの貧困対策、学生ら参加 山形でキャラバン
http://www.asahi.com/articles/ASK253CDRK25UZHB001.html

協働を進めるための、NPO留学

仙台市は、協働推進人材育成事業(通称:NPO留学)という研修プログラムを開催しています。

仙台市の職員がNPOの現場を体験し、協働への理解を進めるこのプログラム。

当法人も受け入れ先の一つとして、2名の職員を計5日間にわたって受け入れました。

 IMG_1084

今日は、受け入れ先14団体と、研修に参加した20名の職員が集まって報告会を開催。

奥山市長も交えて、各研修参加者からの報告、協働に関する意見交換を行ないました。

 

アスイクに参加した仙台市職員Sさんのコメントを少しだけご紹介。

「子どもに教えてあげる活動という印象があったけど、参加してみて、みんな子どもたちからも

学ばせてもらっているという気持ちで活動していると感じた」のだそう。

 

震災後に活動をはじめた当初から大事にしてきた考え方が伝わったと感じ、嬉しくなりました。

現場を知るということは、単にどんな活動をしているのか、頭で理解するだけではないと思います。

体で感じて、腹に落ちるような、言葉だけでは伝わりにくいこと、価値観も含めて体感することが

本当の「知る」だと思いますし、だからこそ、こういった現場に入り込む研修に意義があるのだと感じました。

 

機会があれば、来年度も受け入れ先の一つとして、仙台市の市民協働の前進に貢献したいと思います。

(大橋)

「多賀城こども食堂」師走の食堂は大賑わい!!

皆様、明けましておめでとうございます。
 
昨年からこの「多賀城こども食堂」もスタートし、試行錯誤の中進めてまいりました。
本年は今まで以上に、おいしいご飯を作り、勉強のサポートをしていくことで、
子どもはもちろんのこと、保護者の方々や参加いただいているボランティアやスタッフが、
安心して楽しく過ごせる場所を作っていきたいと思っております。
よろしくお願いいたします。
 
 
それでは12月にみんなで食べたご飯を紹介いたします!
12月は祝日などの関係で3回しか開催できませんでしたが、その分おいしくて温まるメニューを作りました!
 
まず12月2日はカチャトーラと大根とパスタのサラダ、ポトフを作りました!
カチャトーラとはイタリア料理で、トマト煮込みのことを指すそうです。ボランティアの方のアイディアで決まったメニュー。
まだまだ知らない料理があるんだなとこちらも勉強になりました。
多賀城0124-1
 
続いて12月9日は 鶏の手羽先のさっぱり煮とチンゲン菜のおひたし、グリーンサラダ、野菜たっぷり味噌汁を作りました!
手羽先を食べたいというリクエストにお応えしてこのようなメニューになりました!
多賀城0124-2
 
そして2016年最後のこども食堂の日となった12月16日のメニューは、
子どもたちに大人気の鶏のから揚げ、マカロニサラダ、野菜スープと、手作りケーキです。
(ケーキの写真を撮り忘れてしまいました、、、)
 
忘年会とクリスマス会を兼ねて開催!
ケーキがあることで子どもたちのテンションは上がりっぱなし!おいしく楽しくいただきました!
多賀城0124-3
 
冬なのにタンクトップで遊んじゃうくらい子どもたちは元気です(笑)
多賀城0124-4
 
みんなでの食事風景です☆
多賀城0124-5
 
人数も増え、たくさんの笑顔や笑い声に毎回会えるのは本望で、そういった場に今後もしていきたいなと思っています。
そのためにも、今参加いただいているボランティアやスタッフ、さらには応援してくださっている皆さんは大切な存在です。
今後もみんなで「多賀城こども食堂」と作っていきたいです。
 
 
(下總)

1年の締めくくり アスイク研修会&交流会

みなさん、こんにちは。学習支援コーディネーターの下總(しもふさ)です。
 
年も明け、新たな気持ちで色々な目標を立てられた方も多いと思います。
皆さんも意欲が溢れだしていることでしょう。私は今その状態です。
これが実際に達成できるように努力あるのみです。
 
 
さて、12月17日(土)にアスイク主催の研修会&交流会を開催いたしました。
本部スタッフ・サブコーディネーター・サポーターが一堂に会して集まるということはなかなかなく、
今回は交流会も兼ねて、全体で当事者の方の話を聞いてみようということになりました。
 
まずは研修会の内容から…
代表の大橋から、NPO法人アスイクのバリュー・行動指針を発表いたしました。
半年間、本部スタッフで意見を出し合って作り上げたものです。(→バリュー策定WS
アスイクの活動に参加いただいている皆さんにも理解していただき、今後の活動で活かしていただけたら嬉しいです。
研修1217-1
 
続いて、自身も児童養護施設で過ごした経験があり、現在子どもたちの支援団体で活動している 久波孝典さん から
「児童養護施設で生きた、若者の言葉」という内容でお話しいただきました。
当事者の方の話を聞く機会はみなさんほとんどなかったようで、とても真剣に話を聞いていらっしゃいました。
研修1217-2
 
講演後にグループディスカッションを行い、久波さんの話を聞いて感じたことを共有しました。
私のグループでは、今まで当事者の方の話を聞いたことがなかったという感想が多く、
また、夢を自身で持つこと、子どもに持ってもらうことの重要さ・難しさを改めて感じたという意見が多数出ました。
研修1217-3
 
その後は交流会に突入。
同じ教室のスタッフ同士で1年間の活動を振り返ったり、他の教室の方々と話したりなど、
みなさん思い思いに過ごされていました。

研修1217-4
カンパイ!

研修1217-7
今年の一文字、来年の一文字

研修1217-5
講演いただいた久波さん(左)に質問

 
また途中で、スマホで出来る支援「gooddo」を使ってイベントを企画し、
正解者にはアスイク公認(?)のファイルをプレゼントさせていただきました。
研修1217-6
 
今回、研修会&交流会を開催にあたり、多くの方に参加していただけたことに感謝しております。
2時間という短い時間の中で、凝縮した内容になってしまったことは申し訳なく思っております。
特に講師をしてくださった久波さんのお話は、めったに聞くことが出来ないもので、かなりみなさん関心を持ってくださったようで、
「もっと話を聞きたかった」「質問の時間がほしかった」「もっとみんなで共有したかった」
という意見を多数いただきました。
 
皆さんから頂いた意見を参考に、ぜひまたこのような機会が作れたらいいなと思っております。
ご参加いただいたみなさんありがとうございました。
そして2017年もアスイクをどうぞよろしくお願いいたします。
研修1217-9
 
(下總)

各教室 クリスマスパーティーぞくぞく開催!!

みなさんこんにちは。
学習支援コーディネーターの小湊です。
年末となり、皆さん何かと忙しい日々をお過ごしではないでしょうか。
 
そんな中、アスイクの教室ではぞくぞくとクリスマスパーティーが行われています。
今回はそのうちの2つをご紹介。
 
—————————————————————————————————————————————————————————————————-
 
まずは教室①で行われた「こども食堂~クリスマスバージョン~」です。
 
今回はアスイクこども食堂の記念すべき一周年です。
メニューはみんなが楽しみにしていた「クリスマスケーキ」と、
第一回のメニュー「カレー」がパワーアップした「カツカレー」となって復活!!
%e3%82%af%e3%83%aa%e3%82%b9%e3%83%9e%e3%82%b91 %e3%82%af%e3%83%aa%e3%82%b9%e3%83%9e%e3%82%b92
%e3%82%af%e3%83%aa%e3%82%b9%e3%83%9e%e3%82%b93
こちらは女の子たちがデコレーションをしてくれている様子。
「チョコレートケーキがいい!!」というこどもたちの要望に
快く答えて下さった生協のみなさん、本当にありがとうございます。
 
%e3%82%af%e3%83%aa%e3%82%b9%e3%83%9e%e3%82%b94 %e3%82%af%e3%83%aa%e3%82%b9%e3%83%9e%e3%82%b95
じゃーん!!こちらが完成したケーキとカレーです!
なんとも素晴らしいセンス!!将来のパティシエがここに!!
そしてなんともボリューミーなラインナップ!!しかしそんなこと中学生の胃袋には関係なし!!
 
食べ終わったあと、3年生は面接練習。
%e3%82%af%e3%83%aa%e3%82%b9%e3%83%9e%e3%82%b96
切り替えが素晴らしいですね。
3年生は教室に通ってきてくれるのもあと3か月くらい。そんなことを思い切なくなりつつも、
まずは受験を乗り越えなくてはなりませんね!
受験までもう少し!!みんな頑張って!!
 
—————————————————————————————————————————————————————————————————-
 
次はクリスマスパーティーを行った教室②
こちらの教室、このようなパーティーをするのは初めてです。
初めてのことにそわそわしているこどもたちに対し、ノリノリなサブコーディネーターNさん。
%e3%82%af%e3%83%aa%e3%82%b9%e3%83%9e%e3%82%b97 %e3%82%af%e3%83%aa%e3%82%b9%e3%83%9e%e3%82%b98
飾りつけもとってもかわいいですね。
 
お菓子を囲みながら、みんなでビンゴやトランプを楽しみました。
%e3%82%af%e3%83%aa%e3%82%b9%e3%83%9e%e3%82%b99 %e3%82%af%e3%83%aa%e3%82%b9%e3%83%9e%e3%82%b910
 
各教室のこうしたイベントの開催の際には、コープフードバンク様、ふうどばんく東北AGAIN様、
その他の方々から寄贈して頂いたものを使用させて頂いております。
 
今回もたくさんの方々から、この写真では紹介できないほどたくさんのお菓子や飲み物を寄贈していただきました。
みなさんのおかげでこどもたちと楽しい時間を過ごすことができ、本当に感謝しております。
ありがとうございました。
今後もこどもたちの笑顔のために、ご協力をお願いします。
 
%e3%82%af%e3%83%aa%e3%82%b9%e3%83%9e%e3%82%b911 %e3%82%af%e3%83%aa%e3%82%b9%e3%83%9e%e3%82%b912
 
(小湊)

アーカイブ