レポート[活動のご報告]

高校生たちの遅めのバレンタイン!第2弾

みなさん、こんにちは。相談支援スタッフの髙橋あゆこです。
前回の記事に引き続き、再び登場です。
 
さて。前回の記事でもご紹介しましたが、高校生サポートでは、ちょっと遅めのバレンタインとして、2回に渡りイベントを実施しました。
今回は第2弾のご紹介です。
 


 
前回のイベントの裏では、もうひとつのイベントの企画が着々と進められていました。
高校生サポートでは、数ヵ所の拠点で事業を実施しているのですが、
拠点の場所によっては少し遠くなってしまい、
いつもイベントを実施している場所までなかなか行けない…という高校生もいます。
 
そんな高校生たちのために、メインの拠点以外でのイベントを企画しました。
初めてミニイベントに参加する高校生もいるので、メニューはデザートに加えて、
お腹も少し満足できるようなメニューを取り入れ…
 
以前のミニイベントで作った際に好評だった、
「餃子の皮でピザ&クレープ」を作ることにしました。
 
 
ホットプレートに餃子の皮を並べ、その上にピザソースを塗って
好きな具材をトッピングしていきます。
① ②
 
とっても簡単なうえに、焼きあがるのが早いのでみんなでテンポよくピザを作っていきます。
③
トッピングの仕方や具材の好みなど、個性が出るので見ていてとても楽しいです。
 
 
焼いている間にもくもくと食べます。(食べることに忙しく、無言になる。)
④⑤
 
⑥
 
 
ピザを各々心ゆくまで楽しんだあとは、お待ちかねのデザートです。
同じく餃子の皮を使いますが、こちらはクレープ生地のかわりに餃子の皮を使います。
さっと皮を焼いて、少ししんなりとなるまで火が通ったら、
クリームやチョコソースなどでトッピングをし、巻いていきます。
⑦
 
⑧
あんなにピザを食べてお腹いっぱいでも、甘いものは別腹ですね。
むしろ、クレープ作りの時間の方が、高校生のテンションはさらに高くなっていたような。
 
 
楽しい時間が過ぎるのはあっという間で、気付いたら片付けの時間…!
高校生たちが率先して洗い物や掃除機がけなどを行ってくれたおかげで、
会場復元もあっというま。
 
「また、こういうイベントやりたい!」とのリクエストもあったので、
今後も高校生たちに楽しんでもらえるようなイベントを企画していきます。
 
“こんなメニューはどうですか!”というご意見ありましたら、お待ちしています!
 
髙橋

高校生たちの遅めのバレンタイン!第1弾

みなさん、こんにちは。相談支援スタッフの髙橋あゆこです。
厳しかった冷え込みもいくらか和らぎ、徐々に春めいてきましたね。
個人的には、春は花粉との戦いが本格的に始まる季節でもあります。
今年こそは、マスクとお薬を味方に打ち勝ちたいです…!
 


 
さて。タイトルにもある通り、高校生サポートでは2回に渡って
ちょっと遅めのバレンタインイベントを実施しました。
 
まずは第1弾のご紹介です。
「2月といったらバレンタインでしょ!」と女子たちが盛り上がっていたのですが、
それに触発された男子たちからも「お菓子作りをしたい!」との声が上がり、
今回の実施に至りました。
 
これまでのイベントでは、お腹にたまるような軽食系のメニューでしたが、
今回高校生サポートのスタッフに課されたメニューのお題は“デザート”。
(高校生たちにメニュー案を任されました)
 
腹ペコの高校生たちのお腹を満たしてくれるデザートとは…と、あれこれ試行錯誤。
スタッフみんなで“クッ◯パッド”とにらめっこする日々が続き、ようやくメニューが決定!
今回のメニューは「和洋で攻めるデザート」とし、
ガトーショコラとどら焼きを作ることになりました。
 
 
今回、ガトーショコラはオーブンではなく、ホットプレートを使って作りました!
みんなで材料を計量しながら生地を作ります。チョコを刻み、他の材料と混ぜていきます。
刻むのも、混ぜるのも、率先して男子がやっています。(女子は声援部隊)
1 2
 
どら焼きも、ホットケーキミックスを使って、どらやきの皮をせっせと作っていきます。
3
 
 
生地が出来たら、あとは焼くだけ!あっという間に2つの品ができました~\(^O^)/
ガトーショコラもどら焼きも大成功です!とっても美味しそう…。
4 5
 
どら焼きを味見する数人…。恵方巻きのようにもくもくと食べます。
6
 
 
ひとつのテーブルを数人で囲みながら、談笑しつつ完成したデザートたちを味わいます。
ガトーショコラは、甘さの中にもほろ苦い風味…。大人なビターな味わいでした。
(高校生たちには、「ちょっとコゲたからでしょ」と言われましたが。)
8
 
ほっこりした雰囲気の中でのデザート作りは大成功に終わりました★
7
 
 
第2弾の内容のご紹介は次回へ続きます!
 
髙橋

2017年度「育自の魔法」Part2

相談支援スタッフの鈴木康真です。
2月は早くも後半に入りまして、年度末の3月が迫ってきました。
お忙しくなる方も多いと思いますので、
早速ですがテンポよく活動報告のレポートに移ります。
 


 
先日報告した(参照http://asuiku.org/?p=6457)
「おしゃべりカフェ」のPart2が2月4日の日曜日に行われました。
もちろんご協力いただいたのは「NPO法人育自の魔法」様です。
(育自の魔法の活動についてはこちらhttps://www.ikujinomahou.jpをご参照ください)
 
Part2のテーマは「好きを語る」です!
みなさんにも好きなものや好きなこと等はあるでしょうか?
好きなお店、好きな芸能人、好きなスポーツ等々…
恐らく何か思い浮かぶものがあるように思います。
 
しかし!!!それを思いきり表現する機会は日常ではなかなかありませんよね。
「みんな好きなものが違うから私の好きなことなんて興味ないかも…」
「好きなものを誰かに言うのってちょっと恥ずかしい…」
「自分が好きなものを否定されたらすごく悲しい」
このようにためらいがあるのは当然ではないでしょうか。
 
でもそのような普段感じる壁や制約から解放されて、
おもいきり、盛大に、とことん、情熱的に好きなものを語るのが
今回のワークショップでした。
 
私も参加させていただきましたが、
あまりに熱中しすぎて報告用の写真を撮れておりません。
申し訳ございません。
開催の様子が気になる方はぜひ次回ご参加してみてくださいね!
とても有意義な時間になるはずです。
 
というわけで、
Part2「好きを語る」は好評に付き、追加開催が決まりました。
詳細は下記をご覧ください。
たくさんの方からのお申し込みをお待ちしております。
 
 
文字だけのレポートも寂しいので、
フリースクールの子どもに頼んで「すき」と書いてもらいました。
すき
イラスト付きでとってもかわいいですよね。
 
(鈴木康真)
 


 
【開催日時についての訂正とお詫び】
当法人のHPやチラシ等で「育自の魔法ワークショップPart3」の開催を
3月10日(土)とご周知しておりましたが諸事情に付き
3月17日(土)に変更させていただくこととなりました。
当日のお時間や会場には変更はございません。
くわしくは、新しい日程の入っている下記チラシをご確認ください。→PDF
参加を検討されていた皆様にご迷惑をお掛けしますことをお詫び申し上げます。
 
◆◆◆追加開催予定◆◆◆
 
日時:2018年3月17日(土) 11:00~12:30 (10:45より受付開始)
(希望者は同日13:15より開催されるPart3にもご参加いただけます)
会場:NPO法人アスイク本部事務所
テーマ:「好きを語る ~現在の自分と対話しよう~」
参加費:無料
参加申し込み・お問い合わせ先:070-5097-3573(アスイク:鈴木)
 
※注意※
『参加の条件について』
今回の参加できるのはアスイクに参加しているご家庭の保護者様、
もしくは仙台市内在住の中学生のお子さんのいるひとり親家庭の保護者様が対象です。
上記には該当しないが、参加してみたいという方は
「NPO法人育自の魔法」様まで他会場のワークショップ開催についてお問い合わせください。
(参考:「NPO法人育自の魔法」様HP ⇒ https://www.ikujinomahou.jp )
 
◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆

ウェイクアップアワード受賞

コアクティブコーチングやシステムコーチングで有名な、株式会社ウエイクアップ。

同社が開催している「ウエイクアップアワード」で表彰いただきました。

 

アスイクは昨年度、システムコーチングを取り入れて「バリュー策定プロジェクト」を実施してきましたが、そういった内部の力を引き出す取り組みの影響が、困難を抱える子どもたちへ波及していくことを期待しての受賞です。

 

IMG_1462

IMG_1458

 

当日は、幸福学の第一人者、慶応大学の前野先生も会場に駆けつけ、講評してくださいました。

 

IMG_1461

 

他の受賞者の中でも、特に興味をひかれたのが、日本だじゃれ活用協会さん。

代表の鈴木さんがこの活動をはじめた思いを聞いただけで、ぐっと来ました。

もちろん、プレゼンはダジャレの嵐で、会場はどっかんどっかん。

 

IMG_1464

 

その他の受賞者には、ニュース深読みでもグラフィックファシリテーションをしている山田さんも。

表彰のときのショートインタビューも、あっという間に絵にしてくださいました。

 

IMG_1465

河北新報「次世代塾」で講演をしました。

東日本大震災の教訓を若い世代へ伝承する「次世代塾」で、講師を務めました。

 

27973481_2088860738012790_3573299272692311962_n

 

大学生を中心に、40人ほどの受講者が参加。

当日の様子は、東北福祉大学の学生インターンが丁寧にまとめてくれています。

株式会社スピーディア様からのご寄付(2回目)

12月につづいて、株式会社スピーディア様より200,620円のご寄付をいただきました。

(内訳:スピーディア様の社内食堂でたまったポイント、並里代表主催の勉強会の参加料、それに加えて並里代表の個人寄付)

不登校の子どもたちが利用するフリースクールの運営費(所得要件に該当する利用者の減免費用の原資)や多賀城こども食堂の運営費(食材費等)に活用させていただきます。

今回は、秋保で開催された社内研修にお招きいただき、アスイクの活動紹介をさせていただきました。

その後、合気道の研修や宴会にまで参加させていただきましたが、部外者を自然に受け入れてくださるスピーディアの皆さまの温かい雰囲気に感銘を受けました。

スピーディア様のように、寄付をキッカケに地域の社会課題にコミットしていこうとする地元の企業を増やしていきたいと思います。

IMG_1455

飾り巻き寿司をつくる

皆様こんにちは。
あっという間に2018年も1か月が過ぎてしまいました。
インフルエンザが猛威を振るっているようですが,皆様の体調はいかがでしょうか。
私はインフルエンザの注射をしそびれてしまいました…反省。。
 
今回は2/4(日)に行われました「お料理教室」の様子をお伝えします。
 


 
毎年恒例のお料理教室ですが,今年のメニューは「飾り巻き寿司」
皆さんは「飾り巻き寿司」,ご存知ですか?
 
飾り巻き寿司とは…
花や動物などのデザインで作る,目で見てかわいい食べて美味しい
巻き寿司のことです。
 
講師は小笠原ちか先生。
0
 
飾り巻き寿司1級インストラクターの資格をお持ちで,
宮城県産のお米と海苔,地元のお漬物を使ってのお料理教室が人気の先生です。
詳しくはこちらから↓
http://www.sushi.ne.jp/ogasawarachika-2
 
 
当日は寒い中でしたが21名の中学生が集まってくれました。
1加工済み
さて問題です!!
今回子どもたちはどんな柄の飾り巻き寿司を作ったのでしょうか。
 
写真をよく見ながら想像してみてください^^
 
 
①小笠原さんのお話を聞きながらまずはお米に青海苔を混ぜ込みます。
2
 
3
 
4
 
 
②6等分して…
5
 
6加工済み
 
 
③ソーセージをのりで巻きます。
7加工済み
 
8
 
9
 
 
④のりとのりをお米でくっつけて大きいのりにします。そこに青海苔ごはんを敷き詰めて…
10
 
11
 
 
⑤チーカマ登場!
12
 
13
 
 
⑥この時点ではなんじゃこりゃ状態。
14
 
 
⑦先ほどのソーセージと合体します。そうすると…
15
 
 
⑧じゃーん★完成
16
 
今回みんなが作っていたのは「かえるの巻き寿司」でした!
 
 
形やバランスに個性が出ているのに加えて,顔のパーツも自分でアレンジしているので
完全オリジナルの巻き寿司になっています。
17
 
18
 
19
 
 
先生たちからのご厚意でお吸い物や手巻き寿司も準備していただき,
みんなでいただきます!!
(お吸い物に入っているカワイイお餅も先生の手作り!)
20
 
21
 
22加工済み
 


 
帰りに記入してもらったアンケートには
 
「丁寧に教えてもらってわかりやすかった」
 
「帰ったら妹にも作ってあげたい」
 
「今度はパンダを作ってみたい」
 
「またアスイクのイベントに参加したい」
 
など嬉しいコメントがたくさん見られました。
 
23加工済み
 
準備は食材など一からご協力いただきました小笠原先生には本当に感謝しております。
また,お米などをご寄附いただきました皆様にもこの場を借りて感謝申し上げます。
本当にありがとうございました。
 
次回のプログラムも乞うご期待***
 
(岡﨑)

JICAノンフォーマル研修の講師をつとめました

JICAが実施しているノンフォーマル研修の受け入れ先として、日本のこどもの貧困問題について、お話させていただきました。

受け入れも3回目になりますが、今回はアフガニスタンやフィジーなどから、7名の政府関係者が参加。各国の制度の前提が違うのですんなり理解いただくのが難しい内容もありましたが、一つでもそれぞれの国に持ち帰っていただけるようなお話ができていれば嬉しいです。

IMG_1447

高校生サポート ~新たなる挑戦!~

皆さんこんにちは!
コーディネーターの福冨です。
 
記録的な寒波により非常に寒い日が続いていますが、みなさんいかがお過ごしでしょうか?
高校生たちは寒いときも本当に元気いっぱいで、
雪が降っている日も拠点に顔を出してくれています。
(中には自転車で来てくれる強者も!)
 
寒さが苦手な私は、動きにくいほどの厚着をしてなんとか耐え忍んでおります…!
 


 
先日、高校生サポートでは初めての“ちょっとマジメなイベント”が開催されました。
 
軽食作りなどの「楽しむ」イベントでは、
毎回多くの高校生が楽しそうに参加してくれていますが、
今回は「考える」をテーマにしたイベント。
 
みんながどんな反応を見せてくれるか、ドキドキしながらのスタートです!
 
①
【SNS・インターネットをもっと知る!】と題し、
スタッフによるミニ講話を実施しました。
 
内容としては、様々な年代ごとのインターネット・SNSの利用状況を紹介したり、
それらを利用する上でのメリットやデメリットなどについて、
参加してくれた子たちと話し合ったりしました。
 
さらに!
高校生年代に特化したインターネット・SNSの有効な活用方法というところに焦点を当て、
これから進学や就職に向けて頑張る高校生年代の子たちに
「少しでも役に立てば!」ということで、
“上手にインターネットを使うとこんな情報も得られる!”というお話をしました。
 
前半はアスイクスタッフによるミニ講話!
10代に人気のアプリやウェブサイトをランキング形式で紹介すると、
参加した子たちからも「自分も使ってる!」などと声が上がりました。
 
動画アプリや音楽アプリ、コミュニケーションツールのアプリなど、
高校生年代の子たちは本当にいろんなアプリを駆使しているなぁ…と実感しました。
 
②
 
 
続いて、インターネット・SNSを使用する上での
メリット・デメリットについて話をしました。
 
スタッフからの話ばかりではなく、
ここでは高校生の子たちからも意見を出してもらいました!
その一部をご紹介します。
 
メリットとしては、
☆最新の知りたい情報を、リアルタイムで知ることができる
☆好きなアーティストの情報を知ることができる
☆お店のリアルな口コミを知ることができる
☆アルバイトの応募ができる
 
デメリットとしては
★SNS上にアップロードした自分の画像を勝手に保存・使用され、悪用されてしまう
★タイムラインに様々な画像が表示されるため、
  見たくない(不快に思う)画像も見てしまう
★使い方を間違えると、知らないうちに位置情報などが漏えいしてしまい危険である
 
など、次から次へと活発に意見が飛び交いました!
高校生たちは、実際に自分の身の回りに起きている例を挙げ、
自分たちが日々感じていることを話してくれました。
③
 
④
 
 
後半は前述のとおり、
“インターネット・SNSは活用次第でもっといろんな情報が得られる”という話をしました。
 
最近では、様々なニーズに合わせた便利なサイトやアプリがたくさん溢れています。
例えば、進学や就職においても、
様々な面で役立つ情報をすぐに手に入れることが出来ます。
 
一方で簡単に情報が手に入る分、多くの情報から本当に必要な情報、
信憑性の高い情報を取捨選択することも必要です。
高校生たちも、「いろんな情報に踊らされることなく、その辺りは意識して見極めているよ」
とのことでした。
 
そういった事に触れる機会が多い年代だからこそ、
しっかりと考えているのではないでしょうか。
⑤
 
 
今回、高校生サポートでは初めての『考える』をテーマにしたイベントでしたが、
子どもたちは終始積極的に参加してくれました。
逆にスタッフが知らないことを教えてくれる場面もあり、
非常に有意義な場となりました。
 
高校生ならではの視点で出たたくさんの意見を聞くことができ、
私たちスタッフも多くの気付きを得ることが出来ました。
今後も高校生サポートでは、こうした“ちょっとマジメなイベント”も織り交ぜつつ、
高校生年代の子たちに楽しんでもらえるようなイベント企画を行っていきたいと思います。
 
 
(福冨)

パーティー!サプライズ! 12月の多賀城こども食堂

みなさん、こんにちは☆
アスイクの佐藤です。
年が明けて、1ヶ月が経ちますが、今年もどうぞよろしくお願い致します。
 
仙台では、最近インフルエンザが大流行しているみたいです。
手洗いうがい、そして十分な睡眠をとって、予防しましょう☆
 
私のおすすめ風邪予防法は、しょうが紅茶です☆
お気に入りの紅茶にしょうがを入れて飲むのは、この寒い時期におすすめです。
もし良かったら、やってみてください☆
 


 
それでは、12月の多賀城こども食堂の様子をご紹介していきたいと思います。
 
年内最後の子ども食堂で、
パーティーをやったり、クリスマスにサプライズをやったりしました。
その辺りを中心にご紹介していきます。
 
メニューはこちら☆
01
 
 
1日は、久々に中華料理にしてみました☆
春巻き、八宝菜はたっぷり野菜が入っていて栄養満点。
とろみがあって味もしっかりしているので、
野菜嫌いの子達にもおいしく食べてもらえました☆
 
 
8日は、子ども達からのリクエストで、手巻き寿司にしました☆
02
 
手巻き寿司の具は、まぐろ、卵焼き、きゅうり、かにかま、ツナマヨ、チーズです。
自分で好きな具を、好きな組み合わせで作れるのが、手巻き寿司の楽しいところ☆
 
交換しあったり、「何が美味しい組み合わせなのか」を議論し合ったり、
子ども達同士でワイワイやっていて、
いつも以上に会話がはずんでいたように思いました(^_^)
 
 
12月最後の日になった、
15日は、以前から要望のあった、お好み焼き・たこ焼きパーティーをやりました☆
 
キャベツ4玉、豚肉2キロ、天かす4袋、水だこ4パックなど、今までで一番の爆買いでした(笑)
 
お好み焼きは、オーソドックスに?、豚肉、きゃべつ、天かすを多めに入れて作りました。
具材がたっぷりだったので、厚みがあってとても食べ応えのあるお好み焼きでした☆
03
 
 
たこ焼きの具材は、たこの他に、ソーセージやチーズ、コーンも用意しました。
04
 
それを、子ども達に自由に入れてもらって作ってもらいました☆
たこ焼きは楽しい作業が続くので、子ども達は積極的に作ってくれました。
 
ひっくり返す作業は、特に人気で、はじめは上手くひっくり返せない子も、
だんだん上手にまん丸く作れるようになっていました。
 
子ども達だけでなく、お母さん達も楽しそうに作ってくれました。
子どもよりも積極的に参加してくれるお母さんもいました(笑)。
05 06
 
たこ焼き器を持っていても、なかなか自宅ではやらないようで、
子どもにとってもお母さん達にとっても、
こんな風に、大人数でワイワイ言いながら作って食べられたのは、凄く楽しかったようです。
 
普段は、食べるのも早く、食べ終わると、すぐに席を立ち遊び始める子も、
この日は、食べ終わっても、他の人たちの為に作ってくれました(^_^)☆
 
また、いつも以上に子ども、お母さんとスタッフの会話が多く、
普段作るのを専門に頑張って下さっているボランティアさんと参加者さん達が
繋がる機会にもなりました。
 
こんな風に「パーティー」にして自由にワイワイやる機会を
もっと増やしていけたらな、と思いました☆
 


 
会場の都合もあり、クリスマス時期に食堂が開催できなかったので、
サプライズでクリスマスプレゼントを贈る事にしました☆
スタッフ全員に書いてもらったクリスマスカードとお菓子を5種類くらいパッケージングし、
24日クリスマスイブに、子ども達の自宅にプレゼントが届くようにしました。
08 09
 
 
年明け、子ども達やお母さんから、
「びっくりしました~」「好きなのばっかりだった~」など、
たくさんの驚き喜びの声を頂く事ができました☆
 
サプライズ大成功です!
 
 
そして、もう一点!嬉しい報告です☆
12月は開催が3回だったという事もあるのですが、子どもの出席率が95%でした(^_^)
 
毎月80%以上の参加率ではあるんですが、こんなに高かったのは、
私が担当になってから初だったので、とっても嬉しかったです☆
 
これも、参加して下さる子ども達、お母さん、
そしていつもお手伝いしてくれるスタッフの方々、
寄付金や食材で支えて下さっている皆さまのおかげです。
 
本当にありがとうございます。
 
 
2018年も皆さんに楽しんでもらえるような、応援してもらえるような、
こども食堂を作っていきます☆
これからも、どうぞよろしくお願い致します。
 
(佐藤)

アーカイブ