レポート[活動のご報告]

2015マネープログラムを実施しました。

2月22日(日)今年度最後の課外プログラムとして、講師にI-Oウェルス・アドバイザーズ代表、岡本和久様に来ていただき、マネープログラムを実施しました。

中学1年生から高校1年生まで、11名の子どもたちが集まりました!

 

第一部は岡本様からお金について、その歴史や意味についてお話いただきました。

 

 

 チョコレートはどのようにお店に並ぶのだろう?

コートジボワールやガーナの生産者が作ったカカオが海を渡り、運送会社の手によって日本のチョコレート工場に運ばれる。完成したチョコレートはお菓子屋さんやスーパーマーケットに運ばれ、ようやくわたしたち消費者の手に渡る。

そこで発生した代金がカカオの生産者、運送会社、チョコレート会社、販売店にわたっていく…。

 

チョコレートを作ってくれて、運んでくれて「ありがとう」という思いがお金という形になって世界中のたくさんの人に回る、ということを学びました。

 

またお金の4つの運用方法

1.使う(消費)

2.貯める(貯金)

3.増やす(投資

4.ゆずる(寄付)

についても教えていただきました。

今の自分を幸せにするのか、将来の自分の幸せにするのか、他の人を幸せにするのか。

自分にとって、どの運用方法がいいのか、ということを具体的に考えさせられました。

 

第二部は「自分が事業を起こすなら」というテーマで企画書をつくり発表する企業家コンテスト!

まず岡本様から、「ペットの散歩を代行する」「夏の暑い日にレモネードを販売する」などの例が提示され、それを参考に事業内容や必要なもの、費用、商品の販売価格を考えました。

 

 

 

優勝賞品は図書券3000円分!

みんな一生懸命企画を練っています。

 

30分間企画書を作成してもらい、いよいよ発表です。

 

 

 

「介護用品の販売・レンタル」

「生チョコの製造販売」

「お年寄りの買い物の代行」

など様々な企画が出てきました。

 

どの企画が一番良かったか、みんなに投票してもらいます。

そして結果発表!

 

 

 

 一位は「精神障がい者のケア事業」を企画した子どもに決まりました。

ちなみに二位は待機児童の増加を見越した「子どもの一時預かり業」、三位は高齢者と一緒に遊んだりコミュニケーションをとったりする「高齢者ケア事業」となりました。

なんだか福祉関係が多いですね笑

 その他、費用・収益を何千万円と設定する子どもも現れるなど、想像以上にレベルの高い企画が多く、びっくりしました。

「お金を得るには人から感謝されることが必要」という第一部で教えてもらったことが、自分で事業を考えることで、より具体的に学べたのではないかと思います。

 プログラム終了後、こどもたち全員に参加賞としてピギーちゃん貯金箱が配られました。

このピギーちゃん、「使う」「貯める」「増やす」「ゆずる」の四つの枠に仕切られており、それぞれの目的に合わせてお金を管理できる優れもの!

嬉しそうにもって帰っていました。

 

プログラム終了後子どもたちに書いてもらったアンケートを見ると、お金について「汚いものだと思っていたが、そのイメージがなくなった」「感謝の証なのだとわかった」など、お金についての認識が変わったという意見が多くありました。

今後働いていくうえで、そして生きていくうえで大きな学びになったのではないかな、と思いました。

 

これで今年度の課外プログラムはすべて終了しました。

今回講師に来てくださった岡本様はじめ、本当にたくさんの人たちにご協力いただきながら、実施することができました。

本当にありがとうございました。

来年度も子どもたちにとって、楽しくそして学びにつながるようなプログラムを実施していきたいと思います!

どうぞよろしくお願いします。(西井)

サポーター研修会「強みにフォーカスして自己肯定感を高める」を開催しました。

28日(日)みやぎNPOプラザにて、サポーター研修を開催しました。

寒い日にも関わらず多くのサポーターさんが参加してくださいました。

講師は、有限会社アライブ・ワン代表取締役・マスタープロコーチとしてご活躍されている後藤美香先生です。

今回は前回に引き続いて、「いかに子どもの自己肯定感は育むことができるか」をテーマにした研修です。

まずは、子ども自己肯定感を上げる前に、サポーター自身の自己肯定感を上げて行こう!!ということで研修会が始まりました。

 

始まりの様子

 

 

 

始めは、カードを使いながら各グループで自己紹介です。

今回は10教室のサポーターさんが集まりましたが、日頃は各教室での活動になるので、この研修で初対面の方々も多く見られます。

 カードは、赤・黄・青・緑と分かれており、11枚に性格の特徴が記載されています。

この自己紹介カード使うことで、自分の思考や価値観、コミュニケーション方法の特徴がわかります。

初対面のサポーターさん達ですが、すぐに打ち解けています!

 

 

グループの自己紹介が終わった後に、一つ目の演習がはじまりました。

・子どもが、また話したくなる、話をしたくなくなる違いは?

・安心感を与えるためにしていることは?

・話を促すためにしていることは?

上記をテーマにしてのグループディスカッションです。

この演習では、サポーターさんが子ども側に立って考えてみることで、改めて子どもの気持ちに気付いたり、また、日頃違う教室で活動しているサポーターさんからのヒントが得れたりと深い話がたくさん出てきていました。

 

 

 

 

次の演習は、先ほどの演習を踏まえて、「サポーター自身がどんなことに価値観を置いていると感じたか」ということをディスカッション。

 自分の大切にしている価値観を改めて考えることって、日常生活の中ではあまりないはず。

サポーターさんが、最も大切にしたいことが書かれているカードを1枚選び、それをグループで共有しました。

その後は、「勉強以外で子ども達に伝えたいことは?」をテーマにして、全員で共有する時間となりました。

大切にしている価値観の共有

勉強以外で子ども達に伝えたいことを話しています。

 

スタッフも聞き耳を立てながらサポーターさんの話を聞いていましたが、

サポーターさんからは、「子ども達に感謝を伝えたい」「ありのままのあなたでいいよと伝えたい」「少しだけチャレンジしてみよう、きっと前に進むからと伝えたい」など、皆さん心が熱くなるメッセージを語ってくれていました。

こんな素敵なサポーターさんが、日々子ども達に関わってくださっていることで、どれだけ多くの子ども達が励まされたり、勇気付けられたりしているのかと思うと、改めて感動と感謝の気持ちが湧いてきます。

 

今回の研修を一緒に企画してくださった後藤美香先生、また、教室で活動くださっているサポーターさん、そして、このブログを読んでくださっている皆様に心から感謝をお伝えしたいと思います。

 

今後もより多くの子ども達をサポートしていくため、また、子ども達一人一人の対応を充実させていくためにも、スタッフとサポーターさんが一丸になって頑張っていきます。

引き続き、応援をよろしくお願いいたします。

 

*サポーター大募集中です!!*

ご興味のある方がおりましたが、アスイクまでご連絡いただければ幸いです。

まずは見学からでもOKです。(佐々木)

連絡先:info@asuiku.org / 022-781-5576(担当:西井)

 

 

 

ひと足はやいバレンタインプレゼント

立春とはいえ、まだまだ寒い日が続いています。

岩沼の生徒たちは、北風ぴゅーぴゅーにも負けず、

愛用の自転車や徒歩で元気に通っています。

教室内では、自分の通う中学校以外の生徒との交流も増え、

お笑いの話や恋話、部活の話に花を咲かせています。

 

先日、『NPO手をつなぎたい岩沼』の代表 伊藤紀代子さんより、

お菓子のプレゼントが届きました♪

 

 

 

 

 

 

 

 

学校から直接来る子やご飯を食べてから来る子、

途中でパンやおやつを買ってくる子、といろいろですが

さすがに8時近くになると、どの生徒もお腹がすいてくるものです。

そんな時、甘いものが口に入ると、

疲れが見え始めた子ども達に笑顔が戻ってきます。

チョコを口にいれた生徒達の満面の笑顔は、

私たちスタッフのエネルギー源でもあります。

 

生徒とスタッフが共に幸せを感じるひと時を作ってくれた

伊藤さんに心から感謝申し上げます。

ありがとうございました。

 

生徒達の居場所を無償で提供して頂いている半澤さん。

生徒達に思いを寄せて頂いた伊藤さん。

少しずつ岩沼でサポートの輪が広がっているのが、嬉しい今日この頃です。

 

 (もんま)

仙台市ひとり親家庭生活支援講習会事業「高校進学費用を一緒に考える 家計やりくり講座」を開催しました

 

 

 

 

受験シーズン到来です。

希望の学校へ進学してほしいと望む反面、親御さんにとっては、進学に必要な金額も気になるものです。

前もって制度等の知識を得て頂き、安心して生活して頂けるよう、125日(日)みやぎ生協榴岡店集会室で「高校進学費用を一緒に考える 家計やりくり講座」を開催いたしました。

今回は、宮城生協ライフプランアドバイザーの小川さんと、くらしと家計の相談室の向井さんを講師にお迎えし、3部構成で進められました。

 

 

1部「高校進学費用にはどれくらいかかるの?教育費・まずは30万円貯めよう」では、具体的に高校進学にかかる費用や就学支援金について、お金のため方、貸付金などについてなど、参加して頂いたみなさんが欲しかった情報がたくさんありました。

 

2部「家計の見直し大作戦」では、モデル家族の収支表を使って、1年間で30万円を貯蓄するためにはどのように支出を見直していけば良いかについて、グループワークをおこない、第3部「こどもと一緒に家計管理のススメ」では、レシートを貼るだけで簡単に家計簿を管理する方法について紹介されました。

2部、第3部では参加されたみなさんの、アイディアや現在利用している制度等についても活発に情報交換がおこなわれました。

 

 

 

 働いている親御さんにとっては、貴重な日曜日にも関わらずご参加頂きありがとうございました。

みなさんの熱意をしっかりと受け止め、私達も日々勉強をしていかなくてはいけないと、あらためて思い知らされました。

保護者の情報交換の場や、必要な情報を得られる場を今後も提供していきたいと思います。

スタッフ紹介 西井開

はじめまして。

昨年10月よりアスイクのスタッフとして参加している西井です。

8月まで地元関西で働いていましたが、福祉・教育関連の仕事をしたいと思い、

思い切って東北の地に飛び込んできました。

今は太白区5教室でコーディネーターをしています。

 

生まれも育ちも大阪なので、教室ではばりばりの関西弁を使っています。

すこしあたりがきつく聞こえるんじゃないかな…と思っていましたが、

幸運にも子どもたちからはおもしろいおもしろいといっていただいております。

なんとうれしいことか…。

 

働き始めて3ヵ月が経ち、子どもたちともようやく馴染んできたように思います。

彼らからいろんな話を聞き、一緒に考えたり悩んだりすること。

学習サポートを通して「わかった!」という感覚を増やしてあげること。

私の「なんでやねん!」というツッコミに満面の笑みで笑ってくれること。

彼らとの日々は本当に充実しており、楽しいです。

 

まだまだ経験不足なところは多々ありますが、

精一杯頑張っていこうと思います。

これからもどうぞよろしくお願いします!(西井)

仙台市協働事業2年目、青葉区5教室の今!!

 

今年7月から始まった「青葉区での学習サポート」、5教室が順調に運営されています。

 

各教室での様子をお知らせいたします!

 

まずは、五橋教室

五橋教室では、現在19名の生徒が参加しています。駅前の教室ということもあり、サポーターさんも比較的充実しており、子ども達にじっくり寄り添いながらサポートしています。

写真のKちゃんは、自転車で40分かけて教室に来てくれています。毎月、皆勤賞をもらうほどの頑張り屋さんです。サポーターのHさんと苦手な数学にチャレンジしているところです。この勉強が終わった後は、いつも友人やサポーターさんとのお喋りを楽しんでから帰ります。

 

に貝ケ森教室

貝ケ森教室は生徒が8名で、ゆったりとした雰囲気の教室です。

この写真は、勉強が終わった後のカフェタイムの様子です。先輩後輩の垣根がなく、兄弟姉妹のような生徒達。

スタッフが写真を撮ろうとしたら、みんな固まってしまいました。(笑)

最近は、時間になっても帰りたがらない生徒達を帰すのに手を焼いています。

教室には、学校に行けない生徒も数名いますが、「アスイクは安心して来れる」と言ってくれていて、とても嬉しいです。

 

次は桜ヶ丘教室です

桜ヶ丘教室は20名の生徒が参加しています。

開設した当初は、「シーン・・」と静まりかえった雰囲気で、勉強が終わると生徒達は直ぐに帰ってしまうというような教室でした。あれから6か月・・。

今では、違う学校の生徒同士が仲良くなり、新たな絆も育まれています。(今は賑やか過ぎて、困っていますが。。)

最近は、生徒達が抱える悩みをスタッフやサポーターに話してくれる場面も多く、彼ら彼女らが抱えている問題の深刻さに心と頭を痛める時が多々ありました。そのような生徒達が、ホッと一息つける教室作りを目指してスタッフとサポーター一同頑張っています。

 

こちらは台原教室の一コマ

台原教室は8名の生徒が通って来てくれています。

 

それぞれ、イジメや親子関係など、問題を抱えながらも元気な笑顔を見せてくれる生徒達です。

この写真は、年末の「お疲れ会」の写真です。ある中1男子生徒がみんなの為にケーキを焼いてくれました。また一つ一つケーキをお皿に盛り付けし、きれいにデコレーション。全員大絶賛!!

アスイクの教室では、勉強だけではなく、それぞれの得意分野が発揮できる場面を作っていきたいと思っています。

 

最後に開設した、愛子教室です

 現在13名の生徒が通っています。

 

10月に開講して当初は、顔見知りも少ない状況ということで、生徒同士の交流会を開催しました。

初めは自己紹介することも照れていましたが、この日以来、生徒の距離感がグッと縮まりました。

 

 

 

3女子生徒ののNさん。彼女は私立高校の推薦合格が早く決まりました。

彼女は、これから受験する中3生全員に「ミサンガ」を作ってくれました。

愛子教室の中3生は、きっと、このミサンガを付けて受験に向かうと思います。

進路が決まっていない生徒達が焦り出す時期ですが、Nさんの思いやりがみんなの励ましになったことでしょう!

7月から開設した五橋教室・貝ケ森教室・桜ヶ丘教室。そして、10月からは台原教室・愛子教室がオープンし、このブログでは語り尽くせない出来事が各教室にたくさんあります。

現在、受験のシーズンのまっただ中ではありますが、アスイクの生徒達にとっては、進学が当たり前の状況ではない子もいます。3生生全員が、暖かい春を迎えられるよう、スタッフとサポーターが一丸となってこの受験を乗り越えていきたいと思います。引き続き、皆さまのご支援とご協力を、どうぞよろしくお願いいたします。(佐々木)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

みやぎ生協定期合同学習会で講師をつとめました。

みやぎ生協の定期合同学習会で、子どもの貧困の実態や、みやぎ生協との協同事業の内容について講演させていただきました。

 地域代表理事、エリアリーダーを中心に、60名近くの方が参加。2時間の長い時間でしたが、皆さん本当に熱心に耳を傾けてくださいました。

 最後の意見交換では、公立高校・私立高校の定員割合を変えるべき、奨学金のあり方を見直すべき、みやぎ生協として子どもの「食」を支える活動が必要ではないか、など鋭いご意見がドンドン出てきて、みやぎ生協の潜在力、地域社会における影響力というものをヒシヒシと感じました。

これからも、自分たちだけではできないこと、お互いを補完し合うことでできることは何かということを常に考えながら、協同を続けさせていただきたいと感じています。

NPO法人もりおかユースポートが新たなモデル移転先に。

当団体のモデル・ノウハウ移転事業で、新たにNPO法人もりおかユースポートが移転先となりました。

 

(今日の盛岡は、最高気温マイナス3度の極寒)

もりおかユースポートは、盛岡市などで若者サポートステーションを運営しています。

引きこもり支援をつづける中で、生活困窮家庭の若者・子どもの学習支援の必要性を感じたそうです。

 

(導入研修の様子)

さっそく1月から高校に入り直そうとがんばっている若者のサポートが、eラーニングを活用していくことになりそうです。

導入研修でも再三お伝えしたのは、eラーニングという仕組みを活かすのは、寄り添う人の関わり方だということ。

その点、サポステの運営で蓄積されてきたノウハウをもっているもりおかユースポートの皆さんは、大変心強い方々だと思います。

微力ながら、当団体もお役に立てれば嬉しいです。

仙台港背後地6号公園仮設の活動を終えました。

仙台港背後地6号公園での活動を、終了しました。

仮設住宅ができたばかりの時期から、約3年半にわたって活動をしてきた場所です。

地理的に中心地から一番遠く、交通の便もよくない場所にある仙台港背後地6号公園仮設。

常にボランティア不足を抱えながら、途中からリーダーを引き継ぎ、2年にわたって活動を

引っ張ってきたリーダーのY君、本当にお疲れさまでした。

これで、当団体が活動している仮設住宅は、残り3ヶ所。

もう少し、続いていきそうです。

最後は、リーダーのY君の文章を掲載します。

「仙台港拠点ラストの会」

 

今回、残念ながら仙台港拠点は最後の会になってしまいました。今まで学習会には小、中、高校生が参加し、いろいろな思い出を作ってきました。

今年度に入り、子どもは中学生2人になりましたが、充実した活動をしてきました。

今日は最後ということで楽しんで終わろうと、今まで勉強が終わるとたびたび遊んできた卓球大会をしました。サポーターを入れて4人、リーグ表を作り、本格的に順位を決めました。結果、中学生の先輩の子が見事優勝!威厳を後輩に見せつけました。遊びとはいえ、卓球経験者もいて、みんな以外に上手く、なかなか白熱した戦いをきました。楽しかったです。

 

そして、卓球が終わると、最後にみんなで今までの感想を発表しあいました。サポーターは調子にのって熱く語りすぎてしまいましたが…

しかし、最後にみんなの気持ちを共有できて温かい気持ちになり、今までみんなでやってきてよかったなと思いました。

 

今まで、学びが多く充実感のある時間を過ごさせていただきました。

最後に、改めて活動を支えてくれたサポーターのみなさん、子どもたち、そしてご近所のみなさんに感謝したいと思います。

ありがとうございました。

 

クリスマスプレゼント フロム フランクフルト

フランクフルト なでしこ合唱隊のみなさんから

今年も心あたたまる“クリスマスプレゼントとメッセージ”が届きました♪

 

ドイツでは小学校から落第、留年があるそうです

ドイツの子ども達も、アスイクに通っている子供たちも進級できますように

そして、素敵なクリスマスでありますように・・・☆

 

 

なでしこ合唱隊の皆さんからのメッセージです(抜粋)

アスイクで勉強している皆さんへ

 

こんにちは。

私たちはフランクフルト補習校で、

日本語を勉強する子供を持つ母親が中心の合唱団です。

 

昨年に引き続き、クリスマスプレゼントをお送りします。

ドイツは、冬は太陽が出ている時間が短く、暗くなるのが早いです。

クリスマスの前の4週間、街にはクリスマスマーケットが広場に立て

食べ物やプレゼントを売る屋台が並びます。

 

夜には家の窓や通りにクリスマスらしい電燈が飾られます。

暗くて寒い冬に気持ちを明るくする、生活の知恵を感じます。

アスイクでもクリスマス会があるとうかがいました。

この箱が届きますのが間に会いますように。

 

どうぞ素敵なクリスマスと良いお年をお迎えください。

アーカイブ