レポート[活動のご報告]

挑む姿はたくましい in泉教室

今月15日~みやぎ生協市名坂店集会室に移転した泉教室。

移転して環境が変わっても、子どもたちは動じることなく、マイペースに取り組んでいます。

教室が移転して、今までより家から遠くなった子どもたちも多いのですが、

風をきって、自転車で来てくれています。

寒い中、来てくれて、ありがとう☆

 

さて、そんな子どもたちは、それぞれテストに追われています。(小学生以外)

中学1,2年生は、学期末テスト

中学3年生は、私立、公立高校入試、学期末テスト

ちなみに、教室リーダーのサポーターは、大学のテスト期間中。

みんな大忙しです。

 

泉教室の中学3年生たちは、昨年11月くらいから、受験スイッチが入り、

勉強モード全開です。

お互い問題集を貸し借りしたり、

面接練習の本をクラスメイトから借りて、勉強の合間にチェックしたり、

入試に向けて、自分のやらなくてはならない課題に向き合っています。

 

中学3年生の中で、特に頑張っている男子がいます。

部活引退まで、野球に没頭していたスポーツ少年。

泉教室の中で、「すらら」(eラーニング)を使って、

成績が一番上がったと言っても過言ではない子です。

 

その彼が、

「第一希望校に行けたら、

オーストラリアに行けるんすよ!

高校で夢を見つけたい。大学にも行きたいですね~。」

と、キラキラした表情で話してくれました。

 

達成したときに何が手に入るか、何をしたいかをイメージすることは

達成意欲が高まると思います。

彼の学力の伸びはもちろんのこと、

目の前のことに手を抜かず、自分のペースをしっかり掴んで、根気強く取り組む

彼の内面の成長にも拍手を送りたいです。

 

同じく中学3年生で

先日私立高校の合格が決まった女子からは、

「将来看護師になりたいから、行きたい大学と学科は決まっているんです!

お母さんから、『保健室の先生もいいんじゃない?』

と言われたので、保健室の先生もいいかなあって思ってます♪」

と彼女も、かわいらしい笑顔で話してくれました。

 

2人の話を聴いて、高校合格がゴールではなく、

その先を見つめているところに、自分自身に可能性を感じ、

前を向いているなあとじ~んとしてしまいました。

子どもたちは話さないだけで、大人が思っている以上に、

色々考え、感じているのですね。

 

目標に向かって、夢に向かって、

挑む姿はたくましいですね。

 

ひと足早く、春の息吹を感じるような、

そんな清々しい気持ちになりました。

(和田)

 

アーカイブ