NPO法人 アスイク

NPO法人 アスイクの公式ホームページです。

トップページ › 組織概要・沿革

組織概要・沿革

団体名: NPO法人アスイク

設 立: 2011年9月28日 (任意団体設立:2011年3月28日)

役 員:

代表理事/ 大橋 雄介

NPO法人せんだい・みやぎNPOセンター 評議員
仙台市 協働まちづくり推進委員会 副委員長
公益財団法人子どもの貧困対策センターあすのば アドバイザー
全国子どもの貧困教育支援団体協議会 幹事
ユースソーシャルワークみやぎ 副代表幹事

1980年生まれ。福島市出身、筑波大学卒。株式会社リクルートマネジメントソリューションズのコンサルタントとして、大手企業に対する組織開発のコンサルティングに従事した後、2010年3月に独立。独立後、市民活動の先駆者である加藤哲夫氏と出会い、NPO法人せんだい・みやぎNPOセンターにてソーシャルビジネスの起業支援やネットワーク形成プロジェクトを担う。震災発生直後にアスイクを設立。著書に、「3・11被災地子ども白書」(明石書店)等。

常務理事/ 鈴木 綾

福島県出身。元NPO法人ビーンズふくしま副理事長。大学卒業後、高校教師に。その後、不登校児童の支援をするために高校教師を退職し、NPO法人ビーンズふくしまの立ち上げに参画。16年間にわたって同法人の成長を牽引する。

理事/ 佐々木 綾子

仙台市出身。化粧品販売会社の地区本部長、富谷町役場生涯学習課社会教育指導員等を経て、当団体へ参画。 自らもシングルマザーとして中学生、高校生の子どもを育てるために早朝からの新聞配達と日中の仕事を掛け持ちするなど、当事者としての経験をもつ。グロービス経営大学院「ダイムラー・日本財団イノベーティブリーダー基金」のイノベーティブ奨学金対象者として選定。2014年度仙台市母子家庭等自立促進計画策定協議会委員。

理事/ 山本 未生

WIT共同創設者兼代表理事。2011年からアメリカ在住。SVP東京のパートナーとして7年間、社会起業家を「汗と時間とお金の投資」で支援。2011年、東日本大震災を機に一般社団法人WIA(現WIT)を設立。
東京大学教養学部総合社会科学科国際関係論課程卒業。2013年MITスローン・スクール・オブ・マネジメントでMBAを取得。MIT在学中は、サステナブルビジネスの授業でTeaching Assistantを務めたり、社会起業のビジネスプランコンペでメンターを務める等、ソーシャルセクターでの活動に深く関わってきた。

 

監事/ 林屋 陽一郎

あやめ法律事務所、弁護士。東北大学法科大学院在学中に、ボランティアとしてアスイクに参画。仮設住宅での学習サポート活動の立ち上げに貢献する。後に弁護士試験に合格。
(あやめ法律事務所HP http://www.ayame-law.jp/

アドバイザー:

出村 和子

社会福祉法人仙台いのちの電話 理事

加藤 徹生

一般社団法人World in Asia 代表理事

福島 真司

大正大学 地域創生学部 教授

後藤 美香

株式会社アライブ・ワン 代表取締役

髙橋 由佳

認定NPO法人Switch理事長。精神保健福祉士、宮城県教育委員会スクールソーシャルワーカー

小河 光治

公益財団法人子どもの貧困対策センター あすのば 代表理事

後藤 武俊

東北大学大学院教育学研究科 准教授

佐藤 扶由夫

A WAY HOME 代表。システムコーチ

島崎 湖

パーソナル・コーチ/システムコーチ

松井 佑介

公益社団法人仙台青年会議所 理事長(第66代)、カガワ印刷株式会社 代表取締役

岩城 利充

公立黒川病院 小児科科長、NPO法人子どもの村東北 常務理事

阿部 裕二

東北福祉大学 総合福祉学部福祉行政学科 教授

花島 伸行

弁護士法人青葉法律事務所 弁護士

従業員数:

74名(常勤19名、非常勤55名)、他ボランティア200名 ※2017年10月現在

アクセス

所在地:
〒983-0852
宮城県仙台市宮城野区榴岡4-5-2  大野第2ビル 2階

連絡先:
Tel/  022-781-5576
Fax/  022-781-5576
Mail/  info@asuiku.org

enkaku

2011年3月28日 東日本大震災直後に、任意団体として発足

2011年4月3日 4人のボランティアとともに、避難所での学習サポートを開始

2011年5月 内閣府地域社会雇用創造事業(NPO法人ETIC. ソーシャルベンチャースタートアップマーケット3期生)に採択

2011年7月 仙台市内の仮設住宅での学習サポートを開始

2011年9月28日 NPO法人として法人登記完了

2011年11月 仙台市宮城野区に学習支援センター「19 Tsutsujigaoka」を開設

2011年11月 山形大学と提携開始

2011年12月 明石書店より「3・11被災地子ども白書」を刊行

2012年1月 東京にてシンポジウム開催

2012年3月 宮城県新しい公共支援事業に採択

2012年5月 日本初のソーシャルベンチャーキャピタルWorld in Asiaとのパートナーシップ開始

2012年5月 株式会社すららネットとのパートナーシップ開始

2012年5月 仙台市泉区にeラーニングを活用したパイロット拠点開設

2012年9月 キッズデザイン賞を2部門同時受賞

2013年3月 みやぎ生活協同組合と協働事業の覚書締結

2013年3月 厚生労働大臣より、東日本大震災の被災者支援活動の功績に対する感謝状授与

2013年6月 みやぎ生活協同組合、パーソナルサポートセンターと3社共同体を結成し、太白区にて仙台市との協働事業を開始

2013年11月 第10回日本パートナーシップ大賞で株式会社すららネット、みやぎ生協との協働事業が優秀賞を受賞

2014年2月 「生活困窮家庭の子どもへの居場所づくり、学習支援に関する実態調査」を実施

2014年4月 株式会社公共経営・社会戦略研究所の協力を受け、子どもの貧困分野では初となるSROIを実施

2014年6月 仙台市等との協働による「低所得世帯の子どものための学習サポート事業」が青葉区へ展開

2014年8月 岩沼市との協働による生活困窮者自立促進支援モデル事業を開始

2015年6月 仙台市等との協働による「低所得世帯の子どものための学習サポート事業」が仙台市内全区へ拡大

2015年7月 仙台駅東口にフリースクールを開設

2016年6月 多賀城市にこども食堂を開設

2016年10月 アショカが運営を支援する「UBS Social Innovators 2016」のshortlistに選出

2017年4月 宮城県、白石市との協働による学習支援事業を開始

2017年4月 仙台市と協働で高校中退予防・中退後支援事業を開始

2017年7月 日本青年会議所「人間力大賞」にて会頭特別賞を受賞

2017年7月 塩竈市において公益財団法人地域創造基金さなぶりと協働で塩竈アフタースクール事業を受託

寄付について ボランティアの声 ワンクリック募金
視察・講演依頼・その他お問合せ