2013.10.30 活動報告

「復興アントレプレナー~小売店の起業に挑戦!~」 ①

10月27日、19Tsutsujigaokaでアスイク特別プログラム、

「復興アントレプレナー ~小売店の企業に挑戦!~」が始まりました。

 この企画は小中高生が起業について学び、どうやったら商品が売れるのか、お客さんはどういった商品を求めているのかを自分たちで考え、そして最終日には東京の赤坂アークヒルズの「ヒルズマルシェ」に出店し、商売のプロと真剣勝負をするという、連続した体験プログラムです。

 東京の放課後NPOアフタースクールさんとのコラボ企画で、バークレイズ証券株式会社さんのご協力を得て行われます。

10月27日から始まり、11月2日、11月9日でお店の準備をし、最終日の11月16日には東京でお店を出します。

 今回はその第1回目が行われました。

講師を務めるのは、IBMのコンサルティング担当の方。

 まずは会社の仕組みや、起業とは一体何なのか、どうやるのか、ということを学習しました。

                       

クイズに挑戦しながら、真剣に学んでいます。

 ちなみに日本で最も古い会社は、西暦578年に設立され、現在も続いているそうです。

これには子どもたちも学習サポーターも驚きの表情。

お寺や神社の設計・施工、文化財建造物の修理などを行っているそうです。

 

 次に、3チームに分かれて

それぞれお店の名前、コンセプト、店長、商品などを決めました。

 

初めて会うお友達を前に緊張しながらも、意見交換をしながら決めていきました。

今回、各チームが取り扱うのは「仙台(東北)ならではの商品」。

ずんだ、むすび丸、こけし、……などなど。

どんなものが売れそうかを考えて、今回はピックアップまで。

実際にチームごとに何を売るのかは次回決めます。

 

また、「活気のある」「親切で丁寧な」など、お客さんに満足してもらうためのお店のコンセプトを決めました。

そして各チームがこの日決めたことについて発表。

どのチームも自信を持って、自分たちの商品は「売れます!」と宣言。

 

次回の11月2日の回は、朝から夕方に渡り、

何をどれくらい売るのか、いくらで売るのかを決めたり、商品陳列の学習やPOP作りに挑戦します。

 

最後の東京での販売を終え、子どもたちが何を得て、どんな姿に成長するのか。

とても楽しみですね。

 次回も明るく楽しく頑張ってほしいです。 

(インターン 辻)

 

お知らせ

メディア掲載

月間アーカイブ

 

お知らせ

メディア掲載

▲トップに戻る