2013.06.25 活動報告

第13回リーダイアログ開催

6月23日(日)に第13回リーダイアログを開催しました。

最近、梅雨入りしたとの発表がありましたが、暑い日が続いています。
これからの時期は熱中症にも気を付けないといけませんね。
リーダー会議にも冷たい飲み物が登場しました。

さて、今年度3回目のリーダイアログ。
各拠点の意識や課題を共有することで、団体としての一体感をつくっていくと共に、
対話を通して相互に課題解決をすることを目的に、グループディスカッションを行いました。


話し合いたいテーマでは、
テストが終わり、目標を見失っている子どもたちに対して、どんなふうに
目標設定をしていけばいいのかわからないという意見があり、
「どういうところに目標を持って勉強をしていくのか」というテーマが出ました。


高校の偏差値表を一緒に見たり、オープンキャンパスなどを勧めたりして、
モチベーションを高めればいいのは、という意見や、宮城出身のサポーターや
地元高校生などから、高校生活の話を聞く会をやりたい、という意見も。
各拠点の中学3年生を集めて意見交換会をしてもおもしろそう!という意見もありました。

 

 

 


 

 

 

 

 

続いて
「1人で複数の子どもを担当する際の工夫を知りたい」というテーマが出ました。
サポーターが急遽お休みになるなど、どこの拠点でもある事例だと思います。
自分の拠点での活動紹介も含め、話し合ってもらいました。

これに関しては、学習形態の工夫と教材の工夫をするという案が。
形態の工夫では、子どもの座る位置やペアの組み方を工夫して、
その子たちが集中できるような環境をつくるといいという意見がありました。
また、教材の工夫では、理科実験、辞書の早引き競争、100マス計算など、
別の学年でも一緒にできるようなものがあるといい、とのこと。
本当にサポーターのアイディアにはいつも驚かされます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ダイアログを取り入れてのリーダー会議も半年が経過。
サポーターも自分の思い
を素直に表現することができるようになってきました。

次回のリーダイアログは7月下旬。
次回からはこの場をリーダーたちにつくっていってもらうことを予定しています。
どんな場になるか楽しみですね。

 

(松橋)

 

お知らせ

メディア掲載

月間アーカイブ

 

お知らせ

メディア掲載

▲トップに戻る