レポート[活動のご報告]

小売業に挑戦!「復興アントレプレナー本番」【仙台・宮城県広域まなびサポート事業】

こんにちは。学習支援コーディネーターの村田です。寒さが段々と強まりそろそろ
コタツが恋しい季節になってきましたね。
 
とうとう復興アントレプレナー本番当日がやってまいりました!
 
思い起こせばこの日まで3回のミーティングを通し、子どもたちは一生懸命準備を進めてきました。
お店の計画作り、コンセプト商品選別、収支計画、POP作り、接客練習…。
思い出してみると本当に感慨深いですね。
 (リンク:復興アントレプレナーDAY1記事 DAY2記事 DAY3記事
 
 
東京に前のりするため新幹線で移動する時にも再度打ち合わせ。
商品のセールスポイントの確認など最後まで入念に準備しました。
今日はゆっくり休んで、明日みんなで力を合わせて商品を売るだけです!
 
1
 


 
ヒルズマルシェに到着!
子どもたちの頑張りが天にも通じたのか快晴に恵まれました。
お店の立地もとても良いところです!
 
2
 
 
まずは商品の陳列から。
 
3
 
「どう並べたらお客さんから見やすいかな?」
商品のバランスを考えながらPOPもきれいに配置していきます。
 
販売START!
 
さ~て、果たして売上目標を達成するお店はでるのか!?
 
4
 
「いらっしゃいませ~」
「こちらの商品は…」
 
最初はぎこちなかった接客も、慣れてくると少しずつ様になってきました。
 
5
 
ヒミツの作戦「商品パンフレット作戦!」
あるグループのお店ではパンフレットを作成し配布しており、
お客様の興味を引けるよう工夫していました。
素晴らしいアイディアですね。
 
 
6
 
外国人のお客様登場!
「ウ・・ウィカムフロームミヤギ~」「ディス イズ デリシャ~ス」
言葉が通じなくても子どもたちの元気と情熱でご購入頂きました!
 
そして…終・了~!!
売上の結果が気になるところですが、ここまで一緒に頑張ってきた仲間たちと写真をパチリ★
7
 
 
片づけ後、ふりかえりを行うため、今回のプログラムにご協力いただいたバークレイズ証券株式会社様に移動。
六本木ヒルズの中に入る経験はおそらくみんな初めてでしょう。
もちろん私も初めてでした(笑)
窓の外は高層ビルが立ち並ぶ絶景!
 
8
 
 
そして、待ちに待った売り上げの結果発表です。果たして結果は…。
 
10
 
なんと1つのお店が黒字を達成!やったね!!
商品パンフレットを配布していたグループのお店です。
 
 
バークレイズ証券株式会社の江良様より、店長の子どもに売上金の授与が行われました。
 
11
 
 
今回のプログラムを通して、良かったところや難しかったところをお店ごとに話し合い発表しました。
残念ながら黒字を達成できなかったお店の子どもたちも、最後まで励ましあいながら本当に頑張っていたと思います。
くやしいというよりも、「やりきった!」という表情で溢れていました。
 
12
 


 
今回の体験プログラムを通して、子どもたちが
「起業とは」、「小売業とは」といった職業観や働くことへの意味を少しでも考えるきっかけになったのではないかと感じています。
 
そして、濃い時間を一緒に過ごしたことで、学校や学年の垣根を越えて素晴らしい仲間ができていたのもすごく良かったと思います。
 
最後に、今回このプログラムでご協力いただいた
放課後NPOアフタースクールの皆様、バークレイズ証券株式会社の皆様、
本当にありがとうございました!
 
(村田)
 


 
〈関連した記事〉
いざ赤坂! 復興アントレプレナー2017
学生企画イベント第2弾◎アスイク芋煮会【仙台市まなびサポート事業 】

一泊二日!農業体験プログラムin石巻 part2 【宮城県まなびサポート事業】

 
⇒ 一泊二日!農業体験プログラムin石巻part1はこちらから
 
 
 
《秘湯!追分温泉へGO!》
 
収穫をした後は知る人ぞ知る秘湯、追分温泉へ!
 
写真14
 
振り返りのときに「温泉がいっちばん最高だった!」と言う子どももいたくらい、
アスイク一行は大満足。
 
 
 
《ディナーは餃子でパーティ》
 
温泉で心も身体もリフレッシュした後は餃子パーティ!
スタッフさんたちも含め全員で作ります。
餃子の中身は昼間に収穫した野菜がたくさん!
 
写真15
 
写真16
 
 
 
《寝る前のお楽しみ》
 
餃子でおなかがいっぱいになった後は、
ナイトハイクに行き、天体観測。
天候に恵まれ、満点の星空を見ることができました。
 
一部の子ども達は寒空の下30分以上観測を続け、
見事な流れ星を目撃!
 
「でっかい流れ星みたよ!!!!しゅーってなってた!!!!」
大興奮で報告をしてくれました。
 
「こんなに綺麗な星空見たことないなあ、最高」
としみじみ言う子ども達も印象的でした。
 
部屋に戻ってからは
ちょっと早いクリスマスツリーの飾りつけ!
 
写真18
 
写真19
 
そしてレゴを使ったワークショップ。
お題は「みんなにとってアスイクとは?」
 
“それぞれが気に入った部品1つを必ず使って
一つの作品を完成させる”
ということが条件。全員で協力しながら作成。
 
写真20
 
写真20-1
 
かなりの時間をかけて無事完成!
 
写真21
 
アスイクのイメージを一人ひとりに聞いていくと
「私はピンクのお花をつけました。
今はまだ勉強もつぼみだけど、
アスイクで花を咲かせたいと思って」
 
小学生の女の子が言ってくれた言葉にスタッフほろり。
温かい気持ちになりながら無事一日目は終了しました。
 
写真22
 
ウクレレとヨガにはまった女子2名。
 
 
 
《最終日もお楽しみ満載!》
 
すっかりレゴにはまった小学生たち。
スキマ時間で大人もびっくりの発想力を発揮していました。
(がんばって高く積み上げたレゴはこの2秒後に倒壊します笑)
 
写真22-1
 
写真22-2
 
 
 
美味しい朝ごはんをみんなで作って食べた後は
待ちに待ったサンドブラスト体験!
(グラスに専用の機械で砂を打ちつけ、絵柄をつけるというもの)
 
講師は、毎年お世話になっている後藤洋一先生!
子ども達のためにはるばる出張してきてくださいました!!!
 
写真23
 
写真24
 
写真25
 
たくさんの絵柄から自分のお気に入りを選び、
専用のカッターを使って切り抜きます。
 
先生にご持参いただいた専用の機械を使い
砂を吹きかけます。
とても繊細な作業でした。
 
写真26
 
完成作品はこちら!
 
写真27
 
写真28
 
 
 
《みんなで最後の昼食!》
 
サンドブラスト終了後は
後藤先生も交えてみんなでわいわいバーベキュー!
ぬか釜で炊いたご飯と炊飯器で炊いたご飯の食べ比べも!
「釜で炊いたご飯のおこげが美味しすぎる!」
 
そしてみんながとりこになった秋刀魚の骨チップス。
(残した秋刀魚の骨をただ焼いたもの)
みんな骨まで食べつくして、無駄なくいただきました。
 
写真29
 
写真30
 
 
 
そして二日間の振り返り。
 
写真31
 
ファームの由佳さん、じいじ、みくさん、めがねさんにも
改めてお礼と色紙をお渡ししました。
 
写真31-1
 
住んでいる場所も、参加している教室も、年齢も異なる子ども達でしたが
「みんなずっと前から知り合いなんだと思ってたよー!」と
イシノマキファームのスタッフのみなさんに言われる程に全員が会った時から仲良く、
一致団結し二日間過ごすことができました。
 
何をするにしても積極的に「やります!」
そんな元気な言葉が飛び交っていたなあ・・と改めて思います。
 
イシノマキファームの皆様、後藤先生、おさじい
この場を借りて改めて御礼申し上げます。
貴重な体験を本当にありがとうございました!!!
 
写真32
 
 
 
《おまけ:道の駅にて》
 
「どーしてもアイスが食べたい!!!!」
猛ダッシュでお土産を購入し、アイスを無事購入して嬉しそうな子ども達。
 
写真33
 
 
 
(今井)
 


 
〈関連した記事〉
 
夏祭りを開催しました!【宮城県まなびサポート事業】
 
流しそうめんで涼【宮城県まなびサポート事業】

一泊二日!農業体験プログラムin石巻 part1 【宮城県まなびサポート事業】

 
こんにちは、学習支援コーディネーターの今井です。
 
少しずつ冬の気配がしてきました。
インフルエンザの予防接種、タイヤ交換、衣替え・・・
冬将軍に備え、今からひとつずつ準備したいところです。
(ちなみに私はまだ一個も終わってません・・・汗)
 
**********
 
さて、今回は11月10・11日(土日)で実施した、
石巻農業体験プログラムについてレポートしたいと思います。
 
このイベントは、以前子ども達からアンケートを取った際の
「泊まりで何かしたい!」
「何か作りたい!」
「自然の中で色々な体験をしたい!」
 
そんな声を詰め込みながら、
一般社団法人イシノマキ・ファーム代表理事であり、
アスイクのアドバイザーでもある高橋由佳さんにご尽力いただき、
アスイクだけのオリジナルプログラムを作成していただきました。
 
それでは、当日の様子をご覧ください^^
 
 
 
《初日!いざ出発!》
 
参加者はスタッフ含め9名と小人数ながら小学生~高校生の幅広い年代が参加してくれました。
 
写真1
 
(みんなで大きなバスでゆったり移動。)
 
バスの中でお互いを知るレクリエーション!とっても盛り上がりました。
 
写真2
 
石巻駅で記念撮影!
(この直後、駅周辺の探検が始まります。子ども達の手にかかればどこでも遊び場です)
 
写真3
 
 
 
《イシノマキファームへ到着!》
 
素敵な黒板がお出迎え
 
写真4
 
お世話になるファームの方から自己紹介やこの後の農業体験の流れについてお話をいただきました。
みんなバスの中とはうって変わってとっても真剣!
 
写真5
 
 
 
《着替えを済ませていざ収穫へ!》
 
雪菜、ルッコラ、縮み菜を収穫させていただきました。
イシノマキファームのスタッフ「めがね」さんから
正しい収穫の方法を教えていただきました。
 
写真6-1
 
スタッフの方々も驚く位、とてつもないスピードで刈り取っていく子ども達・・・!
 
写真6
 
畑のあちこちから聞こえる「とったどー!!」
 
写真7
 
畑の隅にあったもみがらの山で走り回る小学生チーム。
もみがらに初めて触れた子ども達は、ふかふかの感触に感動していました。
 
写真8-1
 
写真8
 
写真9
 
全身もみがらだらけに・・・でもとってもいい笑顔!
 
あっという間に刈り取りが終わったアスイク一行。
急遽、種まきもさせていただきました!
 
写真10
 
子ども達への事後アンケートで
「農業に興味を持った」と全員が回答するくらい
貴重な体験ばかりでした。
 
 
 
《アロエ農家さんへ訪問》
 
通称「おさじい」さんのお宅へ。
 
アロエのお話から、採れたてアロエとアロエジュースの試食、
おさじいの特技“ほら貝”の演奏、鯉の見学などなど、
ここでも初めての体験ばかり。
 
子ども達がなかなか帰りたがらず、
予定より大幅に滞在が延びました。笑
 
写真11
 
素敵な笑顔でお出迎えをしてくださったおさじい。
最初から最後まで自由奔放な子ども達のリクエストに
たくさん応えてくださいました。
 
写真12
 
ビニールハウスで記念撮影!
 
写真13
 
アロエを食べつつ、子ども達はほら貝の取りあい。笑
「音出た!!!」うまくできた子たちは大喜び。
 
おさじいに無理を言って
おうちで作っていらっしゃる野菜を
特別に収穫させていただきました。
子ども達は嬉しそうに「とったどー!」
 
写真13-1
 
「またみんなで来いよ!」
 
温かい言葉とたくさんの野菜をいただき、
おさじい宅への訪問は終了しました。
 
写真13-2
 
写真14-1
 
 
 
Part2につづく…
 


 
〈関連した記事〉
 
夏祭りを開催しました!【宮城県まなびサポート事業】
 
流しそうめんで涼【宮城県まなびサポート事業】

スタッフ紹介 吉田 彩乃

 
みなさん、はじめまして。
 
4月からアスイクのスタッフになりました、
相談支援スタッフの吉田 彩乃です。
 
宜しくお願い致します。
 
自己紹介(吉田)
 
大学卒業後、横浜市の児童養護施設でケアワーカーとして勤務していました。
 
子どもたちと寝食を共にし、日々悩みながらもスクスクと成長している姿を傍で見ることができ、たくさんの学びをもらいました。
子どもたちから学んだことを、アスイクでも生かしていけたらいいなと思っています。
 
 
 
アスイクに入職にしてから、カタカナや英語の読み間違いが多く、
スタッフからツッコミを受ける毎日です。
 
ぜひ、読み間違いをしているときは、教えていただけたら嬉しいです。
 
好きなことは、大相撲とお笑いとカフェインです。
 
10年前に国技館に相撲を見に行って以来、相撲の魅力にとりつかれ、
年1回は必ず国技館に見に行っています。
夢は、升席で相撲を見ることです。
 
中々、相撲好きの方にお会いすることが少ないのでいらっしゃったらお声掛けください!
 
お笑いも大好きで、メジャーからコアな芸人さんまで幅広くライブに行っています。
 
 
 
お目にかかる機会があれば、お声掛けください。
 
今後ともよろしくお願いします。
 
 
 
(吉田)

作って楽しい!目で見て楽しい!味もおいしい!【多賀城こども食堂】

 
みなさん、こんにちは。
多賀城子ども食堂を担当している、佐藤です。
 
先日、多賀城子ども食堂で料理教室を開催しました。
 
東京で料理教室を開いている、人気料理ブロガーの先生に来ていただき、
子ども達と一緒に調理をしたので、その様子をご紹介していきたいと思います。
 
******************
 
来ていただいた講師の先生は、こちらの方!
 
多賀城講師写真
 
東京でCockingRoom「CHACHA-TO(ちゃちゃっと)」
という料理教室を主催している「大隅ゆかり」先生です。
 
高級食材を一切使用せず、一般家庭の冷蔵庫の中にある食材を利用し、
調理の仕方や盛り付けなどの提供方法で‘おもてなし料理’にする事をコンセプトに、
料理教室は毎回空き待ちが出るほどの人気を得ています。
 
料理教室の他にも、食品メーカーの講習会講師や
商品を使ったレシピ開発も手掛けるなど、
各社にもレシピ提供を行っています。
 
今年度から多賀城子ども食堂のサポーターさんをしてくれている方のご紹介で、
開催できる事になりました。
 
もし、興味のある方がいましたら、ゆかり先生のブログをのぞいてみてください。
http://ameblo.jp/dy11rsg
 
ちなみに、レシピ本もamazonで購入できます♪
 
 
 
メニューは、チキン南蛮、人参とツナのマスタードサラダ、
マッシュポテトのハム、きゅうり巻き、カルピスりんごゼリーです。
 
ちなみに、食材の予算はいつも通り300円。
 
そして、普段はスタッフのみで調理をすることが多いのですが、
この日だけは子どもたちにも早めに来てもらい、始めから料理教室に参加してもらいました。
 
25人分を短時間で作るので、
メインチーム、サラダチーム、デザートチームの3チームに分かれて調理スタート!
 
多賀城①
 
この写真は、デザートチームです。
 
ゼリーの中に入れるりんごをさいの目状に細かく細かく切っています。
手はきちんと猫の手にして、とっても真剣な表情で取り組んでくれています。
 
いつも元気に遊んで過ごしている子ですが、料理の間は終始無口で黙々と作業していました。
 
 
 
多賀城②
 
この写真は、サラダチーム!
 
マッシュポテトのハム、きゅうり巻きです。
カメラを向けたら、にっこりピースサイン。
 
じゃがいもを潰して、ヒビが入らないように、きれいに真ん丸にしてくれました。
「誰が一番きれいに丸くできるか」みんなで競い合いながら取り組みました。
 
多賀城③
 
マッシュポテトに皮むき器で薄くスライスしたきゅうりを巻いているところです。
 
色んな大きさのポテトが出来ています。
粘土遊びみたいで楽しかったです。
 
多賀城④
 
先生が盛り付けの手本を見せてくれています。
 
この真剣に先生の作業を間近で見ているのが、
調理師を目指しているアルバイトの大学生、N君。
先生の技を勉強中です。
 
そして、出来たのがこちら☆
 
多賀城⑤
 
多賀城⑥
 
2パターンの盛り付けをしてくれました。
 
同じ食材を使っても、ここまで違うものになるんです。
子ども達が丸めてくれた、マッシュポテトの上に載っているのは、生ハムをくるくる丸めて作ったバラです。
タルタルソースの上には赤と黄色のパプリカと青ネギを載せています。
 
ちょっとした一工夫でこんな素敵な料理になるという、まさにマジックでした。
 
 
 
味も、もちろん美味しかったです。
子ども達には、特にチキン南蛮が人気でした。
作って楽しい、目で見て楽しい、味もおいしい、三拍子揃った料理でした。
 
普段見られないような、子ども達の真剣な表情や笑顔を見ることが出来ました。
また、お母さん達はもちろん、子ども達自身も、
自分の得意な事や好きな事を発見できる機会になったのではと思います。
 
またいつかの機会に、料理教室のような、参加型のイベントを企画していきたいと思います。
 
最後まで読んでくださり、ありがとうございます。
 
 
 
(佐藤)
 


 
〈関連した記事〉
 
夏が来た!流しそうめんで深まる絆【多賀城こども食堂】
 
チョコバナナ、ホットプレートグラタン、大縄跳び【多賀城こども食堂】

カレーパーティーをしました!【仙台市 高校生サポート事業】

こんにちは。相談支援スタッフの髙橋です。
街中では早くもクリスマスグッズをちらほら見かけるようになり、
気付いたらあっという間に寒くなってきましたね。
 
冷え性の私はすでに寒さに負けているので、これからやってくる冬に備えて、
冷え対策に力を入れていきます…!
 
さて、高校生サポートでは先日、カレーパーティーを実施しました。
10月のあたまに、複数の高校生たちから
「10月といえばハロウィンだよ!🎃イベントやりましょうよ~!」
「何か作って食べたいです!」という声がちらほら聞かれるように。
“食欲の秋!”ということもあり、今回のイベント実施に至りました。
 
腹ペコの高校生たちのお腹を満たしてくれ、かつハロウィンの要素も
取り入れられるメニューとは…とスタッフであれこれ試行錯誤の日々。
 
“がっつり食べられる!デコレーションもできる!調理も難しくない!”と、
たどり着いたのが「カレーライス」でした。
 


 
当日は、日中からスタッフがせっせとご飯を炊き続けます。
(子ども達が来る5時間前から仕込みました)
 
お腹を空かせた高校生たちの胃袋をいっぱいにしてくれるだけのご飯!
「いったいお米を何合炊けばいいんだ!?」とあれこれ計算をし、
当日は、なんと約3升のお米を炊きました。
①
*3合炊きの炊飯器をフル稼働させ、数回のサイクルに分けて炊き続けています。
 
②
*炊きあがったご飯を1食分ごとにラップで包み、発泡スチロール箱へ…。
会食時までほかほかで、発泡スチロールの保温力に驚かされました!
 
 
今回は甘口と中辛のそれぞれの味を楽しめるように、2鍋のカレーを作りました。
高校生たちは、自然と野菜の皮をむく係・野菜を切る係・具材を炒める係など、
スムーズに役割分担をして手際よく調理を進めていきます。
③
 
④
 
⑤
 
 
あっという間に具だくさんのカレーが完成!(*’ω’*)
スタッフも、今流行りのイン〇タ映えを狙って盛り付けを意識。
 
見た目にも楽しいよう、にんじんを星型にくり抜いてみました★☆
⑥
 
みんなのカレーにも、星型のにんじんがちりばめられています。
⑦
 
お腹を空かせた高校生たちは、あっという間にカレーを平らげます。
恐るべし成長期の胃袋。おかわり続出でご飯もカレーも完食!!
⑧
 


 
今回のカレーパーティーですが、実は2か所の拠点で開催をしました。
 
いつもイベントを実施している場所までなかなか行けない…という高校生のために
メインの拠点以外でのイベントも同時に企画しました。
 
こちらの拠点でも、みんなテキパキと調理に取り組んでくれ、とてもスムーズに会が進んでいきます。
⑨
 
途中、「ここはどうしたらいい?」「〇〇すると簡単にできるよ」などと、自然と子ども達同士でそれぞれをサポートし合っている姿もあり、スタッフはひそかに感動するのでした。
 
甘口・中辛ともにとてもおいしいカレーが完成!(ここでは中辛が人気!)
一人で4杯もおかわりする子も!デザートもしっかり食べます。
たくさん出来たカレーも、あっという間になくなりました♫
⑩
 
「次は、〇〇のイベントをやりたい!」とのリクエストも多数あったので、
今後も高校生たちに楽しんでもらえるようなイベントを企画していきます!
11-1
 
(髙橋)
 


 
〈関連した記事〉
“性”は人間の“生”を考えること!【仙台市 高校生サポート事業】
新しいことの連続!【仙台市 高校生サポート事業】

スタッフ紹介 鈴木 朋恵

 
みなさん こんにちは。
 
4月からアスイクの本部スタッフに加わりました
学習支援コーディネーターの鈴木朋恵です。
 
北部圏域と 宮城黒川エリアの一部を担当しております。
 
自己紹介写真(鈴 朋)
 
 
 
出身は 宮城県大崎市です。
 
田畑に囲まれた 自然あふれる環境のなかで、
少年のような子ども時代を過ごしてきました。
(虫捕りや ザリガニ捕りが得意です。)
 
地元が大好きな田舎っこです。
 
 
 
前職は 宮城県内の自治体にて
公立保育所の献立作成や栄養指導などの
栄養士業務を行っておりました。
 
名ばかりではありますが
食べることが大好きな管理栄養士です。
 
 
 
昨年の冬から ボランティアとして
アスイクに携わらせていただいていましたが
 
4月からは本部職員として 子どもたちのキラキラとした笑顔や
直向きなエネルギーに触れながら、お仕事をさせていただいております。
 
趣味は マンホールの写真を撮ること そして楽器演奏です。
(おすすめのご当地マンホールがありましたら教えてください!)
(地元のおやじバンドに所属しており 細々と活動しています♪)
 
研修会やイベント等でお目にかかかる機会がありましたら
お気軽にお声掛けいただけたらうれしいです♪
 
どうぞよろしくお願いいたします。
 
 
 
(鈴木朋)

小売業に挑戦!「復興アントレプレナーDAY3」【仙台・宮城県広域まなびサポート事業】

 
みなさんこんにちは。
10月下旬に始まった「復興アントレプレナー」のブログも気づけば3回目。
季節も進んで,コートの出番が多くなってまいりました。
 
今回は最終準備段階のDAY3の様子をお伝えします。
 
前回より更に参加者数が増え,今回は東京に行く参加者全員が揃いました。
 
写真1
 
前回はお店に必要なPOPを作成しましたが,まだまだ途中…
 
ということで
今回はPOP作りからSTART!
 
写真2
 
写真3
 
商品に対する子どもたちの「愛」が伝わりますでしょうか。
 
POPが出来上がったら次はいよいよ接客練習。
 
松本さんから接客に関して大切なことを教えてもらいました。
 
写真4
 
写真5
 
ここからは実践!
お店ごとに接客6か条を練習しました。
 
写真6
 
「いらっしゃいませ」
 
「かしこまりました」
 
「少々お待ちくださいませ」
 
「お待たせいたしました」
 
「申し訳ございません」
 
「ありがとうございました」
 
 
 
今度は,自分たちが扱う商品について説明をします。
 
写真7
 
スタッフをお客さんに見立てて必死に説明!!
 
写真8
 
接客側と,その様子を見る組みに分かれて
意見を言い合います。
 
「全員で一気に行きすぎてお客さん引いてたよ!!」
 
「でも,大きな声でいらっしゃいませが言えてたから,足を止めてくれたじゃん」
 
「商品の細かいこと,言えてないなぁ」
 
東京のお客様へ,どんな接客をすれば喜んでもらえるのか,
こどもたちは必死に考えていました。
 
 
 
いよいよ次回は本番@東京!!
 
果たして今までの成果は出るのか。
 
各店舗の大事にしたいことを念頭に置きながら接客できるのか。
 
東京でがんばってきます!!
 
次回のブログをお楽しみに。
 
 
 
(岡崎)
 
 


 
〈関連した記事〉
 
小売業に挑戦!「復興アントレプレナー」DAY1【仙台・宮城県広域まなびサポート事業】
 
小売業に挑戦!「復興アントレプレナー」DAY2【仙台・宮城県広域まなびサポート事業】

MKB CUP フットサル大会に参加!

 
みなさまこんにちは。相談支援スタッフの佐々木です。
 
11月に入り朝夕本格的に冷え込む季節になりましたね。
体調を崩しやすくなる時期でもあるのでお気を付けください…!
 
 
 
さて、秋空の晴天のもと、“まきばフリースクール”さんにお誘い頂き、
11月3日にフットサル大会に参加しました。
 
アスイクからは約40名の参加があり、
フットサルだけではなく様々なスポーツを楽しんできました。
 
まずは開会式
 
まだ緊張した様子の子ども達。アスイク含め7団体の参加がありました!
 
写真①
 
フットサル大会では、アスイクから、マスタークラスとU-15クラスに分かれて出場!
 
それぞれのチームが監督の指示もと練習のアップを行ったりミーティングを行ったり…
試合に向けてのやる気十分★★
 
写真②
 
試合中は両チーム真剣そのもの。大人相手に果敢に挑む子ども達!
 
写真③
 
写真④
 
またフットサルだけではなく、体育館で遊ぶことが出来たり
アスレチックやローラー滑り台で遊んだりも出来ました。
 
写真⑤
 
写真⑥
 
大人のスタッフはこのアスレチックの頂上に行くだけで疲れます…。(笑)
(次の日から数日間筋肉痛に悩まされました泣)
 
 
 
お昼は、まきばフリースクールさんから芋煮・焼き芋・お団子の振る舞いがありました。
お団子はあんが何種類もありインスタ映えを狙った味を選ぶ子も・・・♪
 
写真⑦
 
写真⑧
 
どれも美味しくて、芋煮を10杯以上食べる強靭な胃袋を持つ強者もいました!
 
さらに、今年はフェイスペイントやスライム・ビーズアクセサリー制作、応援グッズ作りなど
スポーツだけではなく様々な催し物もあり1日を通して楽しむことができました。
 
写真⑨
 
写真⑩
 
写真⑪
 
 
 
 
最後に閉会式
 
フットサル大会の結果は、なんとマスタークラスはベスト4!
そして、U-15クラスは優勝!!!
 
写真⑫
 
立派なトロフィーとメダルも頂きました(#^^#)
両チームおめでとう!お疲れ様でした。
 
当日に初めて会う子ども同士がたくさんいる中、
チーム一丸となって試合をする姿や、小学生の子に優しく接している中高生など、
普段の教室では見る事の出来ない姿をたくさん見る事が出来ました。
 
みんなで記念撮影★
 
写真⑬
 
最後に、このような素敵な機会を作ってくださった、まきばフリースクールさんに感謝いたします。
本当にありがとうございました!
 
 
※MKBカップ=まきばカップ
 
 
(佐々木)
 


 
〈関連した記事〉
 
まきばフリースクール スポーツ大会&芋煮会に参加!【2017年度】 
 
運動の秋!フットサル大会!【2016年度】

今年も開催!『新みやぎ模試を受けよう!』

 
みなさん,こんにちは。
 
蔵王山では初冠雪が観測(11/1)され,いよいよ宮城も冬の気配…
中学3年生は最後の三者面談を終え,いよいよ進路選択の時期です。
 
今回は昨年に続いて開催しました「新みやぎ模試を受けよう!」の
企画についてご報告いたします。
 
今年は68名の中3生が受験し,自分の実力を確かめました。
 
写真1
 
 
 
せっかくの模試受験の機会なので,会場内もより本番に近づけようと
スタッフは全員スーツ,参加者には制服着用で受験してもらいました。
 
写真2
 
いつものプログラムとは違い,会場内には緊張感が漂っています。
 
 
 
5教科の受験が終わった後には,スタッフから参加者へ
「勉強のコツ・基礎学習の大切さ」を伝えました。
 
実はこの内容,ひのき進学グループさんから特別に教えていただいた
貴重な情報なのです!!
 
写真3
 
学校ではなかなか手に入らない,試験を解くためのカギとなる情報などもあったため,
参加者全員が真剣に聞いてくれました。中にはしっかりメモを取る子も…
 
 
 
アンケートでは子どもたちからはこんな声が聞かれました。
 
「1度でもこの雰囲気を体験できてよかった」
 
「受験の時のイメージがよくわかった」
 
「校内ではなくより広い範囲で自分の実力を試したかったから受験しました」
 
「今までなんとなく勉強していたけど,今日の話を聞いてどのように
勉強すればよいか分かった」
 
「受験について分からないことが多くて不安だったけど,今後の
見通しがついて少し安心した」
 
また,模試で入試の雰囲気を体験したことがあるか,
それとも入試当日に初めてその雰囲気を味わうかでは
どうしても結果に差がでしまうと思います。
 
「その差を少しでも減らすことができれば。」
という思いも込めて行った今回の企画ですが
受験者のうち約6割が初めての模試受験であったことがアンケート結果で分かりました。
 
 
 
ひのき進学グループ様には昨年に引き続き,模試の手配だけでなく,
先ほどのような入試の情報もご提供いただきました。
 
また,今年は㈱カタログハウス様にも模試受験のためにご協力をいただくことができました。
 
お陰様で,たくさんの子どもたちに模試受験の機会を提供することができました。
本当にありがとうございます。
 
皆様にご協力いただきながら,
これからも子どもたちの将来に役立つ活動を続けていきたいと思います。
 
次回のブログもお楽しみに!
 
 
(岡崎)
 
 


 
〈関連した記事〉
 
新みやぎ模試を受けよう!【2017年】
 
河北新報に『新みやぎ模試を受けよう!』の記事が掲載されました。【2017年】

アーカイブ