2016.08.03 活動報告

バリュー策定ワークショップ②

こんにちは、岩沼市学習支援コーディネーターの鈴木篤です。
最近は梅雨が明けたのか明けていないのか、中途半端な気候が続いていますね。

そんな中で、7月22日の金曜日に第二回のバリュー策定ワークショップを行いました。
前回は丸一日を利用して、スタッフ間の相互理解や、それぞれが大切にしたいこと、
そして団体としてのハイドリーム・ロードリームなどに関してワークを進めてまいりました。

そしてその最後に
  ①「スタッフそれぞれが大切にしたいこと」を実行する

  ②「アスイクで大切にしたいこと」を考える

  ③上記2点について、2・3人のバディに分かれてフィードバックや話し合いの場を持つ

というタスクが出題されました。

valuews0722-1

↑シャツの第一ボタンが苦しそうながっさく。   しおらしい。

まずはそれらの内容について発表を行います。

非常に真剣な面持ちで「アスイクで大切にしたいこと」について語る、学習支援コーディネーターの四戸。またの名をがっさく

ご覧に入れたいのは彼の姿勢です。Yシャツの第一ボタンまで留め、背筋を伸ばして座り、一人称を「オレ」から「ぼく」に変更。フィードバックを受け、人と接する態度を向上させようとしています。

 
 
 
 
 
各グループからの発表は、具体的な業務の質の向上について、組織の質の向上についてなど、持ち寄る内容に毛色の違いが見られたのが印象的でした。

valuews0722-2次にスポットを当てたのは、アスイクを取り巻く「システムの輪」。

どのようなファクターがあるのかを挙げていき、それぞれがそのファクターになりきって会話をする疑似体験をしました。

各スタッフが実際に受けた言葉のほか、「どのように思っているか」を推察することで、アスイクを客観視していきます。

 
 
 
 
 
valuews0722-3最後に、これまでのワークから得た気づきを活かし「アスイクの役割とは?」という題で意見を交換していきます。

子どもにとって、社会にとって、アスイクはどのような存在なのだろうか?
普段から考えそうでもあり、改めて意識しないことでもあります。

「子どもと社会を繋ぐ」

「子どもの将来に向けたチャンスをつくる」

「子どもにまつわる様々な社会的資源の補完をする」
どれも肝要なことですね。

これらについて、来週以降は
「アスイクについてどう思っているかを実際に関係者にたずねる」
というタスクをこなしたうえで、客観的な視点を含めて議論を深めていく事になりそうです。

まだまだ先は長いですが、これからのアスイクがどんな団体に成長してゆけるか…見守っていただけますと幸いです。
 
 
それでは最後に、アスイクを体で表現した「アスイクのポーズ」をご覧いただきお別れです。

valuews0722-4

↑ノリノリのスタッフもいれば、体の表現が苦手なのか戸惑うスタッフも。文化系の私は戸惑いました。

(鈴木篤)

 

お知らせ

メディア掲載

月間アーカイブ

 

お知らせ

メディア掲載

▲トップに戻る