2015.09.25 活動報告

学び場のエピソード

相談支援スタッフの鈴木です。

 

7月下旬より、アスイクの各教室には新しい生徒が増えています。

「学校に慣れてきて、勉強も頑張りたい1年生」や、

「姉の体験会についてきたら、面白そうだから始めることにした妹」など、

生徒が入会してくれた理由は様々ですが、

今回ご紹介するのは教室に入ったばかりの生徒の話です。

 

Aさんはこれまで運動部で活躍していた体育会系の女の子。

本人も自覚する通り勉強が好きなタイプではありません。

教室でも一生懸命勉強に取り組んでいますが、

なかなか成績アップに結び付かないのが悩みです。

 

ただ、彼女の話を聞いていると、

悩みの部分よりも希望の話が多く出てきます。

「高校に入ったらアルバイトをしてみたい」

「電車通学とか憧れる」「新しい友達と知り合いたい」などなど。

 

このように新しい環境に対する前向きな気持ちを耳にしたとき、

少しでも目標達成に向けたお手伝いができればと思うと同時に、

アスイクに新しく参加してくれた生徒のことも考えさせられました。

 

初めての環境に飛び込んだ生徒たちは、

Aさんのように前向きな子もいるでしょうし、

もしくは不安や緊張が大きい子もいるでしょう。

態度や言動で不安や緊張が出てしまう子だけでなく、

ポジティブな感情やそれ以外の問題を表に出さず(出せず)抱えがちな子どもたちにも

きちんと寄り添い、関わっていけるようにしたい。

Aさんと話して、改めて考えさせられました。

(鈴木)

 

 

お知らせ

メディア掲載

月間アーカイブ

 

お知らせ

メディア掲載

▲トップに戻る