メディア[メディアへの掲載]

河北抄に代表大橋のコメントを引用いただきました

河北新報夕刊のコラム 河北抄にアスイク代表大橋のコメントを引用いただきました。
ご覧ください。
河北抄(7月19日)
 
 
コメントの内容にも係り、アスイクでは
継続的に子どもや保護者と関わりつづけ、見守るための自主事業として「多賀城こども食堂」を運営しております。
0722
資金的に持続可能な活動にしていくために、2019年度から「多賀城こども食堂基金」を設置しました。
寄付を原資として運営資金の積み立てをしようと考えましたが、2019年6月現在、基金の残高はわずか62,366円。開催回数に換算して、5回分にも満たない状況です。
 
このままでは、これまで3年かけて積み重ねてきた活動の存続が危うくなりかねません。
そこで、クラウドファンディングでこの基金に寄付を募ることにいたしました。
「多賀城こども食堂」を存続させるために、寄付や記事のシェアで、あなたの力をお貸しください!
 
LIFULL 宮城県の被災地発「多賀城こども食堂」の存続に、チカラをお貸しください。

河北新報に大橋のコラムが掲載されました

河北新報に、弊会代表 大橋のコラム「わたしの視点から」が掲載されました。
ご覧ください。
 
20190603河北わたしの視点から

開園式の様子が掲載されました【アスイク保育園】

 
河北新報ONLINE NEWSに
アスイク保育園 開園式の様子が掲載されました。
 
河北②
 ⇒掲載ページはこちら
 
<アスイク保育園>
 〒983-0852
 仙台市宮城野区榴岡4丁目8-6
 竹屋商店ビル1階
 TEL:022-349-4766
 

「311『伝える/備える』次世代塾」での講演が掲載されました

若者たちが東日本大震災で起きたことに向き合う通年講座「311『伝える/備える』次世代塾」において、
弊会代表の大橋が講師を務めた際の記事が河北新報に掲載されました。
 
20190222_河北新報(伝える/備える 次世代塾)
 
下記リンクより、ご覧ください。
河北新報オンラインニュース
次世代塾「不登校や貧困表面化 アスイク代表理事 大橋雄介さん」

「子ども食堂立ち上げ講座」の記事が掲載されました

アスイクでコーディネートした「子ども食堂立ち上げ講座」の様子が河北新報に掲載されました。
(主催:宮城県子ども食堂立ち上げ支援事業ネットワーク)
河北
 
下記リンクより、ご覧ください。
河北新報オンラインニュース
<子ども食堂>「長く続ける姿勢大切」仙台で開設支援講座

 


 
〈関連した記事〉
  子ども食堂立ち上げ講座のご案内
  イベントのご案内【塩竈アフタースクール事業】

「通販生活」HPにレポートを掲載いただきました。

昨年度末、「通販生活」のカタログハウス様より、フリースクール事業へご寄付をいただきました。
 
その後、私たちのフリースクール事業の様子を支援報告として掲載いただきましたので、
お知らせいたします。
 
 
リンク「通販生活」レポートページ
通販生活HP

河北新報に『子どものたより場円卓会議2018』の記事が掲載されました。②

 

 

『子どものたより場円卓会議2018』で
子どもを取り巻く課題に向き合う8組の支援団体が集まり
発表と情報交換を行った様子が河北新報に掲載されました。

 

<子どものたより場プロジェクト>

http://kodomonotayoriba.kahoku.co.jp/

 

 

20180530_河北新報

河北新報に『子どものたより場円卓会議2018』の記事が掲載されました。①

 

河北新報の朝刊に4/17に開催された
『子どものたより場円卓会議2018』の記事が掲載されました。

 

 

<子どものたより場応援プロジェクト>
http://kodomonotayoriba.kahoku.co.jp/

 

 

子どものたより場プロジェクト

仙台市の協働事例集で、みやぎ生協、パーソナルサポートセンターとの協働が取り上げられました。

仙台市が発行した「協働まちづくりの実践(事例集)」で紹介されました。

アスイクがみやぎ生協、パーソナルサポートセンター、仙台市と協働で運営している放課後まなびサポート事業が、仙台市における協働の先進事例として取り上げられています。

 

仙台市協働まちづくりの実践(仙台市WEBサイトへのリンク)

協働本

河北新報に「次世代塾」の記事が掲載されました

2018年3月2日の河北新報に、弊会代表大橋が講師として参加した
「311『伝える/備える』次世代塾」の様子が掲載されました。


 
河北新報記事H300302

アーカイブ