2022.03.24 学習生活支援事業

アスイクのアルバイトスタッフにインタビューしました!

こんにちは!
やっと春の気配が近づいてきましたね~。
 
現在、アスイクでは大学生や社会人などのアルバイトスタッフ(サブコーディネーター)を大募集しています!
 
『アスイクのアルバイト少し気になるな…。』
『実際にアルバイトしている人から話を聞いてみたい…。』
 
以前のブログにてアスイクのサブコーディネーターの仕事をご紹介しましたが、応募を考えてくださっている人のために、実際に大学生アルバイトスタッフにインタビューした内容をお届けします!活動をはじめたきっかけや、活動を通して得たものなどを聞いています。ぜひご応募の際の参考にしてください☺
 
**********
 
Hさん(東北福祉大学4年生/2019.12〜勤務開始)

 
①アスイクでアルバイトをはじめようと思ったきっかけは?
➡ 学校の先生になるという目標があって、「子どもと関わる感覚や接し方を学びたい」と思っていた。大学のゼミでアスイクを紹介してもらい、先生になるための経験を積むことができると思って応募しました。塾講師や家庭教師とはちがった、勉強だけでない雰囲気に惹かれたのもポイントでした。
 
②アスイクのアルバイトで大変だったこと、学んだことはなんですか?
➡ さまざまな子どもの背景や個性を理解したうえで、会話の内容や勉強の教え方を柔軟に変えることが大事だと学びました。その接し方のスキルや「子どもを見る目」は、四年次の教育実習でも活かすことができたと感じています。一方で、10数人の子どもをボランティアさんと一緒に見るのですが、大人の人数が足りないときは大変でした。
 
③アスイクのアルバイトで学んだことは、卒業後のキャリアにどう活かせそう?
➡ 教員採用試験に受かり、4月からは学校の先生になります。子どもの背景を認識した上で接し方や教え方を考えることや、子どもが自分らしくいられるための大人の関わりなど、学んだスキルやコツを活かして授業やクラスづくりをしたいと思います。
 
④アスイクのアルバイトへ応募を考えている方にメッセージ!
➡ 大学の講義だけでは学べない、生の子どもたちと関わることで学べることが沢山ありました!子どもや教育に関わる仕事を目指している人にとっては、とても学びになる経験ができると思います。
 

 
**********
 
Yさん(東北大学3年生/2019.12〜勤務開始)

 
① アスイクでアルバイトをはじめようと思ったきっかけは?
➡ 昔から、子どもの貧困など子どもに関する社会課題に興味があって、現状を知りたいと思っていました。大学入学後の授業でアスイクのことを紹介してもらう機会があって、すぐにアルバイトに応募しました。当時は空きがなくボランティアから始めたのですが、半年ぐらい経ってアルバイトになりました。
 
②アスイクのアルバイトで大変だったこと、学んだことは?
➡ 子どもと実際に関わることで、子どもや家庭の困りごとや社会課題などさまざまなことを学びました。さらに、他のアルバイト・ボランティアスタッフとも関わることができ、コミュニケーション能力やファシリテート能力が身についたと思います。大変だったことは、子どもの数に対してボランティアさんの数が足りない時期があり、もっとじっくり話がしたかったり勉強を教えてほしいと思う子どもに十分に対応できなかったことです。
 
③アスイクのアルバイトで学んだことは、卒業後のキャリアにどう活かせそう?
➡ 卒業後のキャリアは公務員や行政職などに興味があり、困っている人の役に立ちたいと思っています。子どもや大人と関わることを通して身に付けたコミュニケーションのスキルを、ぜひ活かしたいと思います。
 
④アスイクのアルバイトへ応募を考えている方にメッセージ!
➡ 迷っている人は、僕みたいにボランティアから始めることもできます。子どもとだけでなく、大学生や社会人などとも関わることができるので、色々なことを学べます!すこしでも興味がある人は、ぜひ応募してほしいです。
 

**********
 
いかがだったでしょうか。今回のインタビュー記事が、皆さんのご応募のきっかけになったらうれしいです!まずはボランティアからはじめることもできます。ぜひ、1人でも多くの方がわたしたちの仲間に加わってくださることをお待ちしています。
 
(アルバイト応募の詳細はこちら)https://en-gage.net/asuiku/
 


 
〈関連した記事〉
アルバイト募集中!!~サブコーディネーターのお仕事について~

 

お知らせ

メディア掲載

月間アーカイブ

 

お知らせ

メディア掲載

▲トップに戻る