2021.03.24 学習生活支援事業

子どもたちが帰った後は…【仙台市学習・生活サポート事業】

 
みなさんこんにちは。
桜の開花が楽しみな学習支援コーディネーターの岡﨑です。
 
今日は子どもたちの様子…ではなく、
子どもたちが帰宅した後のスタッフMTGの様子をお見せしたいと思います。
 

 
このように、アルバイトスタッフ・ボランティアスタッフ全員で今日来室した子どもたち一人ひとりについて話し合います。
 
「〇〇ちゃん、今日言葉がちょっとトゲトゲしてるように感じたんだけど…」
「なんか学校で親友とケンカしちゃったって言ってましたよ。」
「もしかしたらそのことで不安定だったのかもね…勉強は集中してるように見えてたけど、嫌なこと考えないようにしてたのかもね」
 
「〇〇くん、こないだ教室でスタッフと一緒にやった漢字がちょうどテストで出たらしくて『漢字テストいつもより取れた!』って喜んでましたよ。」
「〇〇さん、手作りで漢字プリント作ってくれてましたよね?✨それのおかげかもしれないですね!」
 
毎回教室終わりに一人ひとりの学習状況だけでなく、その子の表情や発言についてもスタッフ間でシェア・検討します。
 

 
スタッフ全員で話し合う時間があると、同じ子を見ていてもそのスタッフによって見るポイントが違ったり、同じことを全く違う見方で見ていたりと新しい発見がたくさんあります。
 
スタッフ同士も日々切磋琢磨しながら、よりよいサポート方法を考えてくれているのでとても頼もしいです。
 
ボランティアスタッフやアルバイトスタッフに興味がある方はぜひこちらをご覧ください。
 
(岡﨑)
 


 
〈関連した記事〉
教室で過ごす時間【仙台学習生活サポート事業】

 

お知らせ

メディア掲載

月間アーカイブ

 

お知らせ

メディア掲載

▲トップに戻る