2021.07.30 学習生活支援事業

アスイクキャンプ2021 ~この夏一番の思い出できちゃった!~

みなさん、こんにちは!
学習支援コーディネーターの稲村です。
 
台風も通り過ぎて、さらに夏らしい季節になってきましたね!
暑い日差しを浴びて、ばててしまいそうになることもしばしば、、
 
今回は、お天気にも恵まれた夏空のもと、1泊2日で行われたアスイクキャンプ2021についてご紹介いたします!
 

 
 
毎年大人気のアスイクキャンプ!
今年も応募者多数のなか、抽選で選ばれた小学生から中学生までの30名が参加しました!
 
キャンプ当日、集合場所に集まった子どもたちは
「キャンプに行くの初めて!どんなことが出来るかな?」という楽しみな気持ちと、
(新しい友だち、できるかな、、、)という不安な気持ちが入り混じった表情を浮かべつつ、
みんなで大型バスに乗り込んで、目的地へ向かって出発!!!
 
行きのバスのなかでは、スタッフから今回のキャンプの目的が伝えられました。
・自分が 『やってみたい』と思ったことに挑戦してみる
・初めて会う人 と話してみる! 一緒に挑戦してみる!
さあ、大きな挑戦が掲げられたキャンプ!どんな2日間になるのかな??
 


 
移動中はスタッフ企画のバスレクを実施!
まずは、バスの座席が隣の人の ~ 他己紹介 ~ です。
「名前は? どこの教室に通ってるの? 好きなものは…?」
お互いに質問をしあいながら、相手のことを知っていきます。
「え~!そのゲーム、おれもやってる!」なんて、初めて会う友だちとの共通点を見つける子も(*^_^*)
 
キャンプに参加するスタッフを取り上げた ~ アスイククイズ ~ では、
いつも教室で見るスタッフの新しい一面?や、代表 大橋のあの秘密も明らかに…!?
周りの友だちと一緒に考えたり喜んだりしているうちに、バスの車内はすっかり和やかな雰囲気となりました♪
 
バスはあっという間にキャンプ場の近くまで到着!
ここからはバスが入れないため、自分たちの足で歩いてキャンプ場まで向かいます。
 

 
・・あ!看板が見えてきた! そろそろキャンプ場に到着です!
 

 
キャンプ場に到着すると、ホールアース自然学校・福島校の和田 祐樹(わっきー)さんと伊藤 航(たるる)さんが出迎えてくださいました!
 

 
お二人からキャンプの注意事項や遊び方の説明をしっかり聞いて、さっそくフリーアクティビティの時間です!
 
湖でカヌーやカヤック、SUP(スタンドアップパドル)、釣りをするのもよし!
スタッフと一緒に滝探検に行くのもよし! 虫取りや卓球するのもよし!
 
子どもたちは自分で自分のやりたいことを選んで、思いっきりチャレンジ!
 

 

 

 

 
 
めいっぱい遊んで、そろそろお腹も空いてきたころ…
夜は、みんなでバーベキュー! もちろん、火おこしも自分たちで!
 

 

 

 
自分たちで作ったご飯、お肉や野菜もた~っぷり食べ、
星空がみえる露天風呂にも入り(!)、夜はゆっくりと更けていきました・・
 


 
そして2日目! 朝から子どもたちの元気な声が響きます!
 

 
「きっときれいだろうなと思って。」 ある女の子は、湖まで景色を見に来ていました。
水面に映る森の緑を静かに見つめてみたり、
鳥のさえずる声を聞きながら「何種類の鳥がいるんだろう…?」なんて一緒に考えてみたり。
日常ではなかなか作り出すことのできない、自然にどっぷり浸るぜいたくな時間です。
 
朝ごはんを食べたら、また思いっきり遊ぶぞー!!!!・・の前に、
みんなで使った場所の掃除や片づけもしっかりしています。
 

 
「自分たちで使ったものなんだから、自分たちできれいにしなくっちゃね!」と小学生の男の子。
・・あれ? 昨日は『片付けしなさい!』って注意されてなかったけ?(笑)
 
キャンプに参加することで家から離れ、自分のことは自分でやるという姿勢が身についてきているようです。
 
2日目のフリーアクティビティの時間も、それぞれがやりたいことを思いっきり楽しみます!
 

 
 
楽しい時間はどんどん過ぎていき、名残惜しいけれど、もうすぐキャンプも終わりです。
最後に、ホールアース自然学校のわっきーさん・たるるさんに感謝のメッセージをお渡し、キャンプ場を後にしました
 

 
学校が夏休みに入ってすぐに実施されたアスイクキャンプ。
「さっそく今年の夏休み一番の思い出が出来ちゃった。」とバスの中で男の子が教えてくれました。
 
普段は人見知りでなかなか友だちに声のかけられない女の子も、
「すごく気が合う子と出会って、あっという間に仲良くなっちゃった!」
 
「カヤックに乗ったの、初めて!」「水遊び、めちゃ楽しかった~!」
「こんなに友だちと仲良く過ごせることがうれしい。しあわせだ~。」
 
1泊2日間という短い時間ですが、子どもたちにとっては新しい出会いや体験にあふれた時間となったようです。
 
最初にスタッフから告げられた目的、二つの大きな挑戦。みんな、達成できたかな?
「じゃあね~!!!」と笑顔で帰っていくみんなの表情が、その答えを物語っている気がします。(*^_^*)
解散場所で出迎えてくださった保護者の方の「見違える表情をしていますね!」という言葉もたいへん印象的でした。
 
今回、コロナ感染予防の対策を十分に行ったうえでのキャンプ実施となりました。
まだまだ予断を許さない状況ではありますが、アスイクではこれからも子どもたちへさまざまな出会いや体験を届けていきます。
 


 
〈関連した記事〉
「大学生のお兄さんお姉さん直伝!!宮城県の受験の仕組みを知ろう」(仙台市学習・生活サポート事業)
アスイクキャンプ2020

 

お知らせ

メディア掲載

月間アーカイブ

 

お知らせ

メディア掲載

▲トップに戻る