レポート[活動のご報告]

まなびの場エピソード~不器用な彼女の成長の証~

こんにちは、岩沼市・白石市学習支援コーディネーターの鈴木篤です。
非常に暑い日が続いていますね。少し体調を崩しがちな子どもも見られ、心配なここ最近です。
 
 
さて、私たちが日々教室を運営する中で、子どもたちは様々な変化や成長を見せてくれます。
今回は、そのうちで強く印象に残ったエピソードをお話しいたします。
 
DSC_0338-600x401
私が彼女に初めて出会ったのは、彼女が中1の冬の頃でした。
スタッフとは一切目を合わせてくれず、話しかけても応答は無し…そんな状況での出会い。
かく言う私も見事にスルーをされておりました。
そのような中で声掛けを続けた私の目には、彼女の心に他者への高い壁があるように映りました。
 
 
DSC_00891-600x401
中2の春。応答がなかなか得られない状態にも慣れ、私は彼女の隣で話しかけ続けていました。
するとある時、彼女は自分の抱える家庭や学校での不満を話し始めてくれました。
攻撃的な口調も目立ち、なかなか本心は語りませんが、自分の事を自分の口から話してくれたこと自体が大きな変化でした。
思えば、それまでの無視や暴言を通して、「この大人は自分を受け入れてくれるか」「この大人は信頼できるか」と私を試していたのかもしれません。
 
 
000006-600x401
中2の秋。トゲトゲしさはありながらも、コミュニケーションを取るサポーターが増えてきた時期です。
それに伴い会話のトピックも広がり、恋バナから進路のことまで様々な話をしてくれるようになっていきました。
男性、女性、大学生、主婦、高校生…多様な人と出会い、
そして受け入れられる経験を積む中で、彼女の心の壁が徐々に解け始め、世界が拓けてきたように思います。
 
なかでも女子高校生サポーターのRさんとは、憎まれ口を叩きながらも、楽しげに様々な話をしてくれていました。
Rさんが彼女から目を背けずに相手をしてくれたことで、彼女もRさんを信頼し、好きになることができたようです。
二人の姿は、さながら仲の良い姉妹のように見えました。
 
 
DSC_0027-600x401
そして、中3の初夏。非常に慕っていたRさんとの、お別れのときが訪れました。
これまでの感謝を告げるRさんに対し、ぶっきらぼうな言葉をかける彼女。
そんなお別れの仕方でいいのかよ…などと思っていたところ、
その日の教室終了後に、私のもとに彼女からのメッセージが届きました。
 
「これからも頑張ってって いっといて!」
「必ず言っといてね!」

 
やり方はとても不器用で、なかなか素直にはなれない彼女。
けれど、他の誰かに感謝を込めて、ストレートな応援の気持ちを表現することが出来たのです。
このエールは何物にも代え難い、彼女の確かな成長の証です。
 
Rさんをはじめとした多くの人との出会いが 心を他者に開く経験に、
そして別れが 気持ちを表現する経験となり、
彼女の成長の大きなきっかけになったのだと思います。
 
今後も教室に通ってもらうなかで、彼女の前に次のきっかけが現れたときには、
気持ちを自分の口から伝えられるのではないか…そんな光景を思い浮かべて、胸を膨らませています。
 
(鈴木篤)

日本生協連の学習会で講師をつとめました。

日本生活協同組合連合会北海道・東北地連が開催した「子どもの貧困」に関する研究会で、みやぎ生協とアスイクの共同の事例をお話させていただきました。

全国の生協が子どもの貧困問題に関して、NPOなどと共同する動きが広まることに貢献できれば幸いです。

IMG_1226

おもしろ実験教室~つかめる水&スーパーボールを作ろう~

こんにちは、学習支援コーディネーターの武山です。
毎日暑い日が続き、夏も本番を迎えておりますが皆さんは夏バテなどしていないでしょうか。
子どもたちは待ちに待った夏休み突入ということもあり、暑くても元気いっぱいです。
 
さてさてそんな中、7/23(日)にアスイクおもしろ実験教室を開催したので今回はその模様をお伝えいたします!
 
今年は、いつも教室で子どもたちと触れ合っているアルバイトやボランティアの大学生が中心となって
企画、運営を行ってくれました。
 
学生さんの力で体験企画を運営するという試みはアスイクでも初めてのことで、
協力してくださった皆さんにはご迷惑をおかけすることも多々ありましたが、
みんな子どもたちに楽しんでもらいたい一心で忙しい中時間をつくり準備をしてくれました。
本当に感謝のきもちでいっぱいです。
 
KIMG0030
当日の流れの確認中…みなさん真剣です。
 
KIMG0084
プログラムのスケジュール
 
当日は15人の子どもたちが参加してくれました(^^)
 
と、いうことで、まずは最初の泡の実験からスタート!
 
洗剤とドライイーストを使って、まるで爆発のように泡が噴き出る!という実験だったのですが…
KIMG0073
思ったよりもひかえめ…??
薬剤を入れすぎると、天井に届くくらいの泡が出るということで慎重になった結果、とっても安全な爆発(?)になりました(笑)
 
KIMG0043
化学反応が起こっているので触ると温かいよといわれ、おそるおそる触ってみる子も
 
 
気を取り直して、次はつかめる水の実験です!
 
チーズや豆腐を固めるのにも使われる薬剤を使用しているので安全です◎
KIMG0056KIMG0057
KIMG0055
いつもは違う教室に行っている子どもたちも、協力して作業していました♪
 
KIMG0065
子どもたちからもらった作品を手ににっこり

KIMG0104
KIMG0107
色とりどりのつかめる水を作っていました(*^_^*)
ぷるぷるしていてかわいい!とペットのように持ち歩いている子も!
 
KIMG0094
こんな独創的な作品も(笑)
 
思い思いの作品を作り、みんな楽しそうに作業をしていました!
 
 
つかめる水を思う存分作った後は、PVA洗濯のりと食塩の化学反応を利用した
スーパーボール作りに移ります。
 
KIMG0149
パワーポイントで作り方の説明中…子どもたちも真剣に聞いてくれていました。
 
KIMG0128
絵の具を溶かした水で好きな色に着色☆
個性がでていました。
 
KIMG0172
浮き上がってきたスーパーボールのもとを手で丸めてきれいな形にします。
 
KIMG0204
見事なまんまる!!
 
KIMG0211
すごく弾んでます!!(画像の水色がスーパーボールです)
 
お店で売っているスーパーボールは、これをきれいにつるつるの表面にして形を整えているそうです。
子どもたちが作ったスーパーボールはいろんな形だったり、弾むものも弾まないものもありましたが、
それも手作りの醍醐味ということで子どもたちは満足そうでした(^_^)
 
色を混ぜてマーブルにしたり、たくさん弾むスーパーボールにするためにはどうしたらいいのかと塩の量を調整したりと、
試行錯誤した時間はとても有意義だったのではないでしょうか。
 
理科が好きな子、夏休みの自由研究に使えるかも!という子、いろんな理由で集まってくれた子どもたちですが、
みんなのびのびと楽しそうに実験に取り組んでいました。
KIMG0136
違う教室の初めて会う子どもたち同士ですぐに仲良くなって一緒に作業をしていたり、
大学生のお兄さんやお姉さんとも打ち解けた様子でワイワイとお話している子もいて、
和気あいあいとした実験教室となりました♪
 
 
今回は学生さん主体のプログラムという初めての試みとなりましたが、
私個人としては大成功だったのではないかなと思っております!
参加してくれた子どもたち、ボランティアの皆さん、ありがとうございました(*^_^*)
 

協力してくださった学生の皆さん
協力してくださった学生の皆さん

 
(武山)

6月のメニューはTHE☆カラフル!

4月より、本部職員となりました福冨です。
 
7月になり気温が高くなってきました。
30度を超える日が続いていますが、子どもたちは汗をかきながらも元気に多賀城子ども食堂に来てくれています。
夏到来!ということで、今月のメニューにはカラフルな夏野菜がたくさん登場しました。
 
以下に6月のメニューをご紹介いたしますのでどうぞご覧ください!
多賀城0725-0
 
 
2日はアジとサバの竜田揚げ、はんぺんのチーズ焼きを作りました。
はんぺんのチーズ焼きは見たことが無い料理だったため食べるのをためらう子どももいましたが、
「試しに食べてみてよ?」と提案し食べてもらったところ、
「思っていたよりおいしい!」とおいしく食べてくれました!
多賀城0725-1
 
9日はかっぱえびせんのご寄附があり、それを何か料理に使いたいということで、 えび・豚のシュウマイを作りました。
これを食べた保護者の方から
「えびシュウマイってかっぱえびせんを使えばこんなに簡単に作れるんだね」との驚きの声がありました。
多賀城0725-2
 
16日はトマトを器にしたグラタンを作りました。
今回は品数が多く作るのが大変でしたが、サポーターの方々が一生懸命作ってくださったためおいしくいただくことができました。
多賀城0725-3
 
23日は旬の食材である『かじき』を使ったあんかけを作りました。
かじきの下にはきゅうりを敷いて、少しさっぱりとした仕上がりになりました。
子どもたちは普段かじきを食べる機会がほとんど無いようで「これ何の魚!?」と興味津々で食べていました。
多賀城0725-4
 
30日は誕生日が近い子どものリクエストを受けて、メニューにプリンを入れました。
また、サラダに入っている今が旬のパプリカが料理に彩りを添えてくれました。
子どもがミートローフを作る手伝いをしてくれて、一緒に料理をすることの楽しさを改めて感じることもできました。
またお手伝いよろしくお願いします!
多賀城0725-5多賀城0725-6
多賀城0725-7
 
 
6月も一緒に遊んだり、話をしたり、料理をしたりと盛り沢山な1か月でした。
子どもたちはそれぞれ好きなものやキャラクターが違っていて、本当にカラフルだと思います。
今後もそんな子どもたちを一人ひとり受け止めていきたいと思っています。
 
(福冨)

高校生サポートが始まりました!

みなさん、こんにちは!
4月よりアスイクの一員になりました、相談支援スタッフの髙橋あゆこと申します。
 
毎日暑い日が続きますね。
夏休みに入り、子どもたちは部活に勉強に遊びに…と、毎日忙しくも楽しく過ごしているようで、活気に溢れております。
 
さて、アスイクでは今年度より、仙台市からの委託による高校生のサポート事業が始まりました。
4月にスタートし、スタッフ(特に私)も子どもたちも手さぐり状態で始まった高校生サポートですが、早くも季節はもう夏!
ようやく落ち着いてきたところで、高校生サポートの活動の様子を報告させていただきます。
 
 
こちらは勉強に励んでおります。
①
学校の課題を持ってきたり、自主学習に取り組んだり…。
分からないところがあればスタッフも一緒に考えます。
 
こちらはゲーム組。
②
みんなで人生ゲームに夢中です。
みんなも本気ですが、スタッフも本気になって遊びます。勝ちを狙います。
ボードゲームも人気ですが、UNOやトランプなどのカードゲームで盛り上がる姿もよく見られています。
 
こちらもゲーム組。
③ ④
テレビゲームで“ぷよぷよ”の対戦中です。
ぷよぷよの他に、“ボンバーマン”も根強い人気です。
ゲームの輪には自然と人が集まり、いつのまにか大人数になることもしばしば。
 
★オフショット★
⑤
夏場になり、本格的にエアコンを稼働させるにあたり、エアコン掃除を行いました。
わざわざジャージに着替え、率先して手伝ってくれたSくん。彼のおかげもあり、大変キレイになりました!
(写真では伝わらないのが残念)
掃除機をかける姿が業者さんのよう…!(゜_゜)
 
 
このように、高校生サポートでは高校生のための居場所を提供しています。
ゆっくりくつろいだり、おしゃべりしたり、集中して勉強したりと、使い方は自由です。
今月末には、第1弾のミニイベントも企画しています。(たこ焼きパーティー!)
イベントの様子については、何かの折にご報告できればと思います。
 
以上、簡単にではありますが高校生サポートのご紹介でした。
今後もあたたかい空間作りを意識し、高校生たちが楽しく通える居場所づくりに努めていきたいと思います。
 
(髙橋あゆこ)

5月の多賀城こども食堂はお祝い三昧!

今年もそろそろ折り返し地点。月日が経つのは早いもので、多賀城こども食堂も開設して1年が経ちます。
新たな出会いがたくさんあり、多くの笑顔に出会えた1年だったのではないかと思います。
 
編集注)記事作成から公開が遅くなりました。申し訳ありません。
     すぐに6月の記事もお出しします!

 
そんな多賀城こども食堂の5月は、誕生日の子どもやスタッフ、保護者が多く、毎週のようにみんなでお祝いしました♪
 
下記の表が5月のメニューです!
多賀城0724-7
 
12日は誕生日の子どものリクエストでハンバーグ。
NPO法人いのちのパンさんからパンのご寄付もいただき、とても豪華な夕食になりました。
やはり子どもたちの食いつきもよく、みんな残さずに食べてくれました!
多賀城0724-1
 
 
19日は少し暑くなってきたので、さっぱり食べられるものがいいのではということで、ジャージャー麺を作りました。
サラダは聞きなれない「デパ地下サラダ」。
デパ地下で売ってそうな具だくさんサラダのことを言うようで、彩りも鮮やかでおいしかったです。
ただ子どもたちは、ジャージャー麺の肉みそに夢中で、麺を食べずに肉みそだけを食べる強者もいました(笑)
多賀城0724-2
 
 
26日は「すしが食べたい」という誕生日の子どものリクエストで、すしケーキを作りました。
子どもたちに飾りつけをしてもらい、個性あふれるすしケーキになりました。
多賀城0724-3 多賀城0724-4
多賀城0724-5 多賀城0724-6
副菜には、ホットケーキミックスを使ってアメリカンドッグを作りました。
子どもたちも大喜びでしたが、食べ方にも個性があり、衣部分だけを食べる子、衣をはがして食べる子がいたりなど、
驚きながらも楽しく食事することが出来ました。
 
 
上記のように、誕生日をお祝いすることが多かった1か月でした。
お祝いされた子どもたちの照れくさい表情がとても印象的でした。
今後も温かい空間を作れるように、楽しんでやっていけたらと思っています。
 
(下總)

宮城大学で講師をつとめました

宮城大学の非営利経営論で講師を務めさせていただきました。

IMG_1213

2017キックオフ & コーチング研修

みなさん、はじめまして!
今年の3月から学習支援コーディネーターとして関わらせていただいております、武山(たけやま)と申します。
はじめてのブログ担当でドキドキしておりますが、活動の様子が少しでも伝われば幸いです。
 
新年度に入り、子どもたちも勉強に部活にとより一層力をいれている様子が見られます。
修学旅行や野外活動から帰ってきた当日で疲れているにもかかわらず教室に顔を見せてくれる子、
中総体の前でハードな練習が続きへとへとになりながらも教室で部活の話を聞かせてくれる子など、
頑張っている子どもたちの姿をみていると私も負けていられないなと身が引き締まる思いです。
 
 
さて、アスイクでも新年度に伴い、6/11(日)にキックオフ総会&コーチング研修会を開催いたしました。
本部スタッフだけではなく、理事、正会員、サブコーディネーター、サポーターが一堂に会する貴重な機会で、
総勢90名ほどの皆様にご参加いただきました。
 
まず、代表の大橋から昨年度の事業報告や今年度の方針発表をいたしました。
KIMG0061
KIMG1377
2017年度は事業も大幅に拡大しており、
学習支援事業においては仙台市・岩沼市に加えて、仙南・仙北・白石など計31か所の拠点で開催するなど
昨年度の約1.5倍の規模になります。
このことを某戦国ゲームに例えられることもあるとのことでした(笑)
 
昨年の活動で挙げた成果や、今年度の事業拡大の意図や重要性などをあらためて共有することで、
皆様の活動へのモチベーションにもつながれば幸いです。
 
 
次に、スタッフ紹介並びに教室紹介の時間に移ります。
理事の方々に一言ずつお言葉をいただき、
KIMG1387
 
本部スタッフはそれぞれの趣味も簡単に添えての自己紹介となりました。
KIMG0068
参加された皆様、趣味が合うスタッフはいましたでしょうか?
ちなみに私は体作りを趣味にしていこうと思っているので、
効率のいい筋トレ方法をご存じの方はぜひ教えていただけると嬉しいです(^^)
 
その後、各コーディネーターが担当教室の名前を読み上げ、所属している皆さんと一礼をして紹介の時間は終了となりました。
KIMG0071
 
 
 
後半は、講師の先生をお招きしてのコーチング研修です。
今回も国際コーチ連盟認定プロフェッショナルコーチの後藤美香先生にご教授いただきました。
後藤先生は株式会社アライブ・ワンの代表であり、アスイクのアドバイザーもお勤めいただいております。
 
「子どもの自発性を促すコミュニケーション術」というテーマで、様々なワークを行いました。
 
最初のワークは、隣の席の人とペアを組み、お互いの共通点を2分間でできるだけ多く出す、という内容です。
KIMG1409 (1)
性別・出身地などなど…多いところで30個くらいの共通点を出していました。
が!!
 
理解できるアルファベット、認識できる数字などの項目を挙げれば、共通点は無限大に引き出せると言われビックリ!
 
このように、人は経験から無意識にルールを作ってしまったり、染みついた癖により可能性を狭めており、
これを取り払うことによりコミュニケーションは最大の成果をだす、ということを体感するワークでした。
 
 
2つ目のワークは、双方向コミュニケーションの重要性を体感するためのものでした。
 
ペアを組み、目を瞑ったAさんを相方のBさんが目的地まで連れて行くのですが、
1度目は無言のまま目的地まで向かいます。
KIMG1418
皆さん及び腰です…。
 
これを踏まえ、どのルートを通ってほしいか、どう連れて行ってもらえたら安心するかなど、
相談をしたうえで2度目のチャレンジ!
KIMG1427
KIMG1429
おんぶというリクエストが出たペアも!
 
1度目に比べ、安心した様子が伺えます。
どうすることが相手にとってベストなのか、お互いに聞いたり伝えたりすることで安心感を生むことがわかりますね。
 
 
3つ目は、聞き手が受け取りやすい伝え方のテクニックを学ぶワークです。
 
4人でグループを組み、「活動で大切にしていること」をテーマにそれぞれ持ち時間1分で語ります。
その後、受け取りやすいポイント-【会話の中で「許可をとる」、「キーワード」で伝える、「強調」する、「沈黙」を使う】
を駆使し、ポイント使用前と使用後で伝わり方の違いを感じてもらいました。
 
1分という時間の中でポイントを網羅しようとするとなかなか難易度が高かったようですが、
皆さん真剣に取り組んでらっしゃいました。
 
 
ワークで学んだ内容のほかにも、「小さな関わりを大切にする」「肯定の言葉を使う」「リソースを引き出す」など、
実践に活かせるポイントをぎゅっと凝縮してご指導いただきました。
子どもたちへの接し方はもちろんですが、自分自身の思いや活動への意欲を高めるという意味でも、
意義のある時間であったと感じていただけたのではないでしょうか。
 
 
以上、2017年度アスイクキックオフ総会・研修会のご報告でございます。
本年も皆様と共によりよい活動を継続・躍進できればと思っておりますので、何卒よろしくお願いいたします。
 
image3-1
(指で○を作って両手をくっつけ…見覚えがある形になりましたよね?そう、アスイクのマークです!
みなさん素敵な笑顔です!)
 
(武山)

プログラミングワークショップ2017

皆さんこんにちは。岩沼市学習支援コーディネーターの鈴木篤です。
夏めいた日差しを感じる日が増えてきましたね。
教室では新中学1年生の子どもたちが部活動選びに悩む姿などが見られ、新しい日々の始まりが肌で感じられます。
 
さて、アスイクでは去る2月18日の土曜日に、課外プログラム「プログラミングワークショップ2017」を開催しました。
遅くなりまして恐縮ですが、ご報告させていただきます。
 
仙台市と岩沼市から合計16名の子どもたちが参加してくれた当プログラム。
株式会社オンサイト代表取締役の砂金善弘氏と、合同会社デジタルハイクの横田俊行氏をお招きし、
プログラミングと電子工作を体験的に学びました。
 
前半は、横田氏による電子工作のプログラムです。
プログラミング教室1
まずは、Strawbeesと呼ばれるコネクターとストローを用いて工作。
後々電子回路を組み込むための骨組みとなるのですが…これがなかなか自由度が高い。
傘のかたちや家のかたちなど、様々な造形が見られます。
写真の彼は、工夫に工夫を重ね、人体の骨組みのようなかたちを見事に作り上げました。
 
そして、その後登場するのが “littleBits”
光る・動く・回るといった電子工作を、磁石でくっつくブロックでお手軽に作れてしまうナイスなキットです。
(写真が無く申し訳ありません…)
 
プログラミング教室2
先ほどのStrawbeesで作成した骨組みに、littleBitsを組み合わせていきます。
それらの作業後、一作品ずつの発表がなされました。一人ひとり、創意工夫のあとが見受けられます。
ほのかに光を放つ右の写真のタワーは、私と同テーブルの子どもたちの共作です。
私がメインで作成した非常に頼りないタワーに、子どもたちが一生懸命に回路を加えてくれました…。みんなありがとう。
 
 
そして後半は、Scratchと呼ばれるプログラミングのソフトを用い、ゲーム作りに挑戦です。
プログラミング教室3
まずは砂金氏のレクチャーを受けながら基本的な作り方を学び、その後自分の好きなようにゲームを作成していきます。
コンセプトやゲーム性など、重視する点により組み込むプログラムも異なり、
それぞれの性格が窺えるひとときだったように思います。
 
 
その後、出来上がった作品を発表してからは、それぞれが他の人の作ったゲームを楽しむフリータイム。
自分の作品にはない工夫や発見に驚いたり、ツッコミを入れたりと、
普段は別の教室に通う子どもたちの交流の場になっていたように思います。
 
以上、大盛況で終わったプログラミングワークショップのご報告でした。
2017年度も、子どもたちにとって楽しみや学びとなるようなプログラムを開催していきたいと思います。
 
(鈴木篤)

「多賀城こども食堂」去りゆく2016年度、そして2017年度スタート!

3月分のレポートが更新できず申し訳ございませんでした。。。
そのため、今回は3月と4月の活動内容を抜粋してお届けします!

3月と4月の献立は以下の通りでした!
多賀城0517-0

3月3日はひな祭りということで、ひな祭りらしい食事を作ってみました。
特にケーキは子どもたちも手伝ってくれ、おいしくできました!!
ご飯もいつもと変えて、手まりの形にしてみると、いつもご飯をあまり食べない子どもたちが、取り合いをするほど食べてくれました。
こういう工夫で食べてくれるのはうれしいですね!
多賀城0517-2
多賀城0517-3 多賀城0517-4

3月10日は、こどもから根強い人気を誇るカレーライス。
ボランティアの方が「最後の晩餐にするなら家のカレー」ということだったので、ぜひそのカレーをみんなで食べたいとなり、作って食べました。
トマトを大量に使ったヘルシーなカレーで、子どもたちにも大人気!
さすが最後の晩餐に選ぶだけあるカレーでした!
多賀城0517-5

3月31日。 2016年度最後のこども食堂は純和風な食事になりました。
イカと大根と里芋の煮物は子どもたちが食べるのか心配でしたが、意外に子どもたちは好きだったようで、
普段残しがちな子どもがモリモリ食べてくれました。
多賀城0517-6

4月で一番人気だったのは ロールキャベツ。
1時間で作るのはなかなか難しいのですが、ボランティアの皆さんの団結力がすごく、1時間で出来上がりました!
味ももちろんおいしく、副菜にも手を抜かないところ、本当に素敵だなと思いました。
子ども達も大きいロールキャベツを口いっぱいに頬張りながら笑顔で食べていました。
多賀城0517-7

そして4月の最終日のメニューは、アサリの炊き込みご飯!
今まで何度か炊き込みご飯のリクエストがあったのですが、炊き込むのに時間がかかってしまうため、敬遠していました。
今回ついに挑戦することに!
しかし、炊飯器で炊飯したはずなのにきちんと最後まで炊かれず、急きょガスコンロで炊くことに。
本当に出来るのか不安でしたが、おこげもできて、その部分ばかり食べる子どももいたので、大成功だったと思います。
甘めの出し巻き卵は本当においしくて、
子どもに「下總さんの分も食べたい」と言われたのですが、私にも食べさせてほしいと懇願し、何とか私も食べることができました!
多賀城0517-8

2か月分の報告でしたので、抜粋になってしまいましたが、
毎回おいしい食事をボランティアさんたちが短い時間の中で作ってくださり、子どもたちが楽しくおいしそうに食べてくれています!
個人的に理想的な空間になってきているんじゃないかと感じております。
より良い空間になるように今後も頑張っていきたいと思います!

(下總)

3月17日
3月17日
3月24日
3月24日
4月7日
4月7日
4月14日
4月14日

アーカイブ