2020.12.28 学習生活支援事業

アスイク第一回スマブラ大会2020開催!

皆さんこんにちは!コーディネーターの髙橋です。
 
今年ももうあとわずか…あっという間ですね。
今年も終わりますが、みなさんはやり残したことはありますか?
 
はい!私はあります!
それは「アスイク スマブラ大会」を開催することです!
子ども達から多くの声が挙がっていましたが…やっと開催できることになりました!
子ども達と一緒に大会のルールを決め、わくわくしながら私もしっかりとスマブラの練習して当日を待ちました。
今回の大会は、「スマブラ」が好きな中学生から高校生年代の子ども達が集まりました。
普段会う機会の少ない子ども達同士ですが、「スマブラ」をきっかけに話をしたり輪ができたりすればいいなと考えていました。
 

 
 
イベント当日は12名の子ども達が参加してくれました☆
普段から使っているコントローラーを持参し、やる気満々!!
何も声を掛けなくても、参加者同士で声を掛け合って練習が始まりました。
…「スマブラ」ってすごいね。初対面でもすぐに仲良くなれる魔法のゲーム(笑)
 
くじ引きをして組み合わせを決定!
ドキドキの組み合わせ…参加者が対戦相手を確認します…
そして待ちに待ったトーナメント開始です!優勝目指してみんな頑張れー!
 

 

 

 
会場A、Bに分けてそれぞれで対戦が進められていきます。
負けてしまった場合でも敗者復活戦があるので、敗者復活で優勝目指してまだまだ戦いは終わりません。
対戦は真剣勝負、白熱した対戦が続きます…
決勝が近づくと観客が増えると共に、戦いは緊張感を増していきます。
高度な技術の応酬!観客が声を出せないほどの緊張感!
小さな声で「うっま…」「やば…」「すげぇ…」と感想が漏れて聞こえてきました。
ゲームでもスポーツでも、真剣勝負の雰囲気に違いはないんだと感じました。
 
それぞれ会場A、Bの優勝者が決まり、総合優勝をかけて最終戦が開催されます!
優勝は「ゲッコウガ」使いのTさん!!おめでとう!
 
団体戦ではくじ引きで即席の3人チームに分かれて戦います!
チームメンバーが全員偶然眼鏡をかけていたチームでは「めがねチーム」と自分たちで名付けて一致団結していました。
勝ち抜き制のバトルのため、「後は頼んだー!」「よし!あとは俺に任せろ」などの声が飛び交い、チームでフォローしながら楽しそうに対戦をしていました。
 
楽しい時間はあっという間!
無事にトーナメントも団体戦を終え、表彰式に!
優勝者には景品が渡され、拍手が起こりました。
 
イベント後のアンケートでは
「楽しかった」「またやりたい」などの感想が多く、第二回開催の要望が出ていました。
スマブラを通して子ども達の交流が多く生まれ、ライバルや仲間も生まれたようにも感じました。
「○○の人が強かった!」「対戦した○○さん、めっちゃ上手かった!」など、普段関わる機会の少ない子ども達同士が関わることで、とても良い刺激になったようです。
高校生サポートだけではなく、アスイク内の他事業からも参加者が来てくれたことを本当に嬉しく思います。
今回の出会いは良い思い出になったと思います。良かったらまた次回も参加してほしいなと思います。
 
来年も楽しいイベントを準備しているので、次のイベントを楽しみにしていてください!
それではみなさん良いお年を!!
 
髙橋(良)
 


 
〈関連した記事〉
eもあるよ!スポーツイベント【仙台市 高校生サポート事業】
今日のふれ広

 

お知らせ

メディア掲載

月間アーカイブ

 

お知らせ

メディア掲載

▲トップに戻る