レポート[活動のご報告]

おしゃべりカフェ開催中 “保護者” もすこしチカラをぬいて

こんにちは。
相談支援スタッフの鈴木康真です。
本部の事務所がある仙台駅周辺も連日の雪で路面が凍結しております。
仙台の方もそれ以外の方も転んでお怪我などされませんようお気を付けください。
 
早速ですが本題に入ります。
2018年1月21日(日)に「おしゃべりカフェ」を開催しました。
 
通常の「おしゃべりカフェ」は保護者様向けの茶話会を行っておりますが、
今回は特別なプログラムとして「NPO法人育自の魔法」様より、
認定のファシリテーターの方にお越しいただき、
「育自のための小さな魔法」というワークショップを行いました。
(ワークショップは全国各地だけでなく、イギリスや中国など海外でも行っているそうです!!)
 
今回はアスイクで開催されたワークショップの様子をレポートします。
 


 
1回目のテーマは「人生を語る」です。
1
テーマだけ聞くと少し堅い印象を受けるかもしれませんが、
ファシリテーターの方が参加者の話したことを優しく包むように聞いてくれるため、
一人ひとりが安心して話をしやすいワークショップでした。
全体を通してリラックスした雰囲気の中、和やかに進行していましたよ。
 
2
小グループで話し合ったり、
 
3
ファシリテーターの方にヒントをお伝えいただいたりする中で、
参加者の皆さんそれぞれに新たな自分の発見があったようです。
 
4
ワークショップ終了後にも話が盛り上がり、
会場をお借りしているギリギリのお時間まで話題が尽きることはありませんでした。
(いつもの茶話会形式で話しているお写真です)
 
参加された方、開催に協力いただいた方、
この機会を作るために尽力していただいているすべての皆さまに
この場を借りて改めて感謝申し上げます。
 


 
記事を読んで「申し込みをしてみたい」という方、
「参加しようか迷っている…」という方、
ぜひ下記までお問い合わせください。
 
参加の受付だけでなく、
ワークショップについての疑問や不安の解消に向けてお話を聞かせていただきます!
参加にあたっては条件もございますので、そちらも下記の案内をご確認ください。
 
ちなみにPart2は「好きを語る」というテーマです。
皆さまが興味関心のあるものを思う存分語ってください。
皆さまのご参加を心よりお待ちしております!
 
 
◆◆◆次回開催予定◆◆◆
 
日時:2018年2月18日(日) 13:15~16:00 (13:00より受付開始)
会場:NPO法人アスイク本部事務所
テーマ:「好きを語る ~現在の自分と対話しよう~」
参加費:無料
参加申し込み・お問い合わせ先:070-5097-3573(アスイク:鈴木)
 
※注意※
『参加の条件について』
今回の参加できるのはアスイクに参加しているご家庭の保護者様、
もしくは仙台市内在住の中学生のお子さんのいるひとり親家庭の保護者様が対象です。
上記には該当しないが、参加してみたいという方は
「NPO法人育自の魔法」様まで他会場のワークショップ開催についてお問い合わせください。
(参考:「NPO法人育自の魔法」様HP ⇒ https://www.ikujinomahou.jp )
 
◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆
 
(鈴木)

こどもほっとスペースづくりの勉強会 開催中!

アスイクでは塩竈市の委託を受けて、塩竈市内に子どもの居場所(こどもほっとスペース)づくりを進めています。
主に小学生の放課後の居場所づくりの担い手になる方の発掘・育成を目的として、
講演会、資金助成等いくつかの取り組みを行っています。
(塩釜アフタースクール事業)
 


 
現在開催している「こどもほっとスペースづくり勉強会」の様子をお伝えします。
これまで3回実施して各回5~10名の子どもの居場所づくりに関心ある方が参加しています。
 
【第1回の様子】
日 時:2017年11月8日(水)19時~20時半
場 所:ふれあいエスプ塩竈 学習室1
テーマ:「子どもの居場所をつくる際、何から始めるとよいか」
1
 
 
【第2回の様子】
日 時:2017年11月22日(水)19時~20時半
場 所:ふれあいエスプ塩竈 学習室1
テーマ:「子どもの安全と居場所プログラムの実例」
2
 
 
【第3回の様子】
日 時:2017年12月20日(水)19時~20時半
場 所:ふれあいエスプ塩竈 学習室1
テーマ:「活動の運営とボランティア獲得と実際」
3
 
 
これから子どもの居場所づくりをしてみたい人、すでに子どもの居場所を運営している人、
仲間づくりをしたい人など、参加者のみなさんはとても熱心に話を聴き、意見交換しています。
 


 
「こどもほっとスペースづくり勉強会」は年度内にあと3回予定しています。
1回のみの参加も可能となっていますので、ご希望の方は申込書をアスイクへ
FAXもしくはメールでお送りください。
 
(宮川)

冬期受験対策講座 最終日

みなさんこんにちは、
学習支援コーディネーターの今井です。
 
4日間、計12時間の冬期受験対策講座が
先日1月21日(日)に最終日を迎えました。
 
1 2
 
3 4
 
夏、冬と併せて延127名の受験生、51名のボランティアが参加をしてくれました。
ボランティア集めから運営、管理まで
アスイク内ですべて行ったのは今年が初めて。
 
しかし、子ども達のアンケート結果を見ると
「参加してよかった、来てよかった」という声ばかりで
一安心しました。
 
勉強をする機会がなかなか家の中で持てないような家庭の受験生も
「集中してできた。丁寧に教えてくれるから理解が深まった」
と満足して帰って行ったようでした。
 
来年以降もアスイクの受験生が楽しくしっかり学べる場として
継続していきたいと思っております!
(ボランティアの方々、今後もどうぞよろしくお願いします!)
 
そして受験生のみんな!
ここまでよく頑張った!あと少し!
ラストスパート、悔いのないよう全力で頑張ってね!!!
応援しています!!!
 
(今井)

仙台商工会議所青年部で講演

仙台商工会議所青年部の事業創造委員会で、アスイクの起業ストーリーや子どもの貧困問題について、講演をさせていただきました。会長を始め、子どもの貧困問題に対して前向きに関心をもってくださった方ばかりで、これから一緒に地域の子どもたちを支える取り組みができそうな予感がしています。
IMG_0142

お陰様のあったかメニュー 11月の多賀城こども食堂

こんにちは。アスイクの佐藤です。
皆さま、年末年始はいかがお過ごしでしょうか?
毎年この時期になると、そわそわ、わくわくしてくるのは私だけでしょうか(^^;)??
 
皆さまにとって、2017年はどんな一年でしたか?
私は、仙台に引っ越してきて、アスイクで働けて、沢山の子どもや大人に会えて、
凄く楽しくて充実した一年でした(^^)
来年はどんな一年にしようか、今から計画中です☆
 
それでは、2017年最後のブログ、11月の多賀城こども食堂の様子を
報告していきたいと思います。
 


 
11月も子ども達のリクエストに応えたメニュー、プラス頂き物を活用しているので、
品数の多いメニュー内容になっています。
1-1
 
11月はとってもありがたい事に、食材提供を沢山して頂きました。
今回のブログでは、その辺りの紹介もしていきたいと思います。
 
 
11月1回目の、10日は、
少し前に(おそらく9月頃に?)、リクエスト頂いていた、栗ごはんです!
9月にはまだ栗が店頭に出ていなくて、出来なかったんですが、、
今回は念願の「栗ごはんの素」が手に入り、やっとする事ができました☆
 
使ったのは、生協の栗ごはんの素!
栗以外に筍や山菜などの野菜が入った具沢山のもので、
「栗ごはん苦手~」と言っていた、子どもが、ペロリとたいらげていたのが印象的でした(^^)
 
2
栗ごはんって普段食べる機会が少ないせいか、
子どもが「苦手~」と言うのも分かる気がします。
私も以前は苦手だったので(^^;)
食わず嫌いなものって意外に多いものです。
 
調理方法や、雰囲気で食べられなかった物が食べられるようになったりしますよね。
こども食堂をやっていると、そんな場面に幾度となく出くわします。
子ども達の成長を、そんなところからも感じる事ができます☆
 
そして、この日、嬉しい事がもう一つ!
たらの竜田揚げが、子ども達から「おいしぃ~」という歓声に近い声が上がりました☆
シンプルだけど、とっても嬉しい一言です。
作り甲斐があります。
3
 
山形風芋煮ですが、宮城県はみそ味で豚肉の芋煮らしいんですが、山形は醤油味の牛肉を使います。
里芋はどちらも入れるみたいです。
宮城県ではみそ味じゃない芋煮は珍しいようで、親御さん達やスタッフ同士でも、
「どっちが好き?」「外で芋煮やる?」「〆はうどん?」など、芋煮談議に花が咲きました(^^)/
 


 
さて、ここで、今月頂いた食材についてご紹介していきたいと思います。
 
45
 
この上の写真はどちらも、「おてらおやつクラブ」さんより頂きました。
油、しょうゆ、苺ジャム、干し椎茸、この他に、梨、フルーツの缶詰、白玉、
シーチキン、仙台麩、出汁の素も、11月のお料理に使っております。
バラエティーあふれる食材に喜びと驚きでいっぱいです。
 
「おてらおやつくらぶ」さんは、お寺で食べきれない「おそなえもの」を
子ども支援の団体に提供している団体で、
今回は住職さん自ら、アスイクまで、持ってきて下さいました。
 
興味のある方は、是非「おてらおやつクラブ」のHPをご覧ください。
素晴らしい活動をされています。
別タブで表示
 
 
67
そして、この上の写真は、近所で農業をされているKさんから頂きました。
毎月定期的に持ってきてくださいます。
この時は事前の連絡で、「今週シチューなんです」と何気なく話したら、
人参とじゃがいもを、メニューに合わせて持ってきて下さいました。
 
このKさんですが、以前大きな畑をお持ちだと聞いていたので、
「農家」さんだとばかり思っていたんですが、
Kさんいわく、家庭菜園で、Kさんの旦那さんの「趣味」でやっている事だそうです(笑)
 
趣味というと、小さな家庭菜園をイメージしてしまうので、
趣味の範疇を超えているように思います(笑)
「うちでは食べきれないから~」と明るく話してくれるKさんですが、
わざわざメニューに合わせて持ってきて下さる心遣いに、あったかい気持ちになりました。
 
こども食堂では、一人300円という予算で切り盛りしておりますので、
このような寄付は大変ありがたく、毎回有効活用させて頂いています。
食材提供がある事で、いつものメニューが豪華になったり、
一品増えたり、栄養がアップしたりします。
 
この場で恐縮ではありますが、本当にありがとうございます。
 


 
話は戻しまして、11月17日の料理はこちら☆
8
肉団子のクリームシチューには、先ほど紹介した、干し椎茸が入っております!
 
大人にとっては、高級で美味しい干し椎茸ですが、
子ども達にとっては、好き嫌いが分れるのも事実。
「苦手な子に、どう食べてもらおうか?」
ベテラン主婦のボランティアさんに質問を投げかけると、出てくる出てくるアイディアが。
 
そこで出てきたのが、この肉団子混ぜ込み作戦!
9
こんな感じで細かく刻んで忍ばせてみました(^^) 
これなら苦手な子も食べられるだろうと。
作戦は見事に大成功☆
 
シチューにそのまま入れた椎茸はお母さんにあげてしてしまう子も(笑)、
肉団子は「おいしい」と喜んで食べてくれました。
 
干し椎茸は出汁が出るので、きのこ自体は食べられなくても、
うまみ成分が出て料理自体の深みや美味しさはアップします。
なので、普段よりも美味しい二日目のシチューのような味わいが楽しめました。
 
苺のババロアも、頂いた苺ジャムで作りました。
ジャムはババロアにも入れていますが、ソースにも入っています。
甘酸っぱくて、子ども達にも大好評でした☆
 
 
そして、11月最後の週は、こちら!
10
 
子ども達からリクエストがあった、鶏の唐揚げ。
鶏肉が高価なので、ちくわチーズの磯辺揚げと、出汁巻き卵も添えてみました。
このちくわの磯辺揚げが大好評で大人からもらいたがる子どもが何人もいました(笑)
 
そしてここでも、頂いた物をフル活用しています。
揚げ物の油も頂き物です。
そして、お吸い物に使った、仙台麩と干し椎茸、出汁も頂いたものです。
そして、フルーツポンチにも、頂いた梨とフルーツの缶詰、白玉が入っています。
写真が分りづらくてすいません(^^;)
 
11
この日は、子どもが早く来て、手伝ってくれました。
「切った事ある?」と聞くと
「あるよ~。猫の手にするんでしょ!」と応えてくれました(^^)
そして、均等に上手に切ってくれました。
 
この前には一緒にお買い物も手伝ってくれて、猫の手も借りたい私としては(笑)
ありがたく、楽しいお買い物になりました☆
 


 
このように多賀城こども食堂は、沢山の団体や個人に支えられて、運営できています。
寄付して下さる皆さま、こうしてブログを見て下さる皆さま、
そして実際に活動に参加して下さる皆さま、本当にありがとうございます。
 
2018年も、もっと皆さまに支えてもらえるような活動をしていきますので、
よろしくお願い致します。
 
それでは、皆さま、2018年もよろしくお願いします。
 
(佐藤)

COOPフードドライブの取り組みからご寄附をいただきました!

みなさんこんにちは。
街ではひかりのページェントも始まり,雰囲気のある季節になってきましたね。

教室でもX’masパーティーが続々開催され,受験前の3年生もちょっと一息…というところです。
今年のX’masパーティーではCOOPフードドライブの取り組みからたくさんのお菓子のご寄附をいただきましたのでそちらを紹介させていただきます。

●フードドライブとは…

各家庭で余った食品を持ち寄り、それを必要とする人々にフードバンクなどを通じて寄付する活動を指します。

みやぎ生協さんのフードドライブの仕組みはこちらのサイトでぜひご覧になってみてください。
http://www.miyagi.coop/smt/member/fukushi/news/detail/248/

こちらは実際にアスイクにご寄附いただくために活動していただいているときの様子です。
今回はアスイクからリクエストさせていただき,お菓子の寄付を募っていただきました。
1
2

商品の棚にも分かりやすく示してくださっているんですね。
3

そして先日,各店舗で集められたお菓子を素敵にラッピングして届けていただきました。
4
5

驚くほどたくさんの量を届けていただき,本当にうれしかったです。
6

お届けいただいた日から早速教室に持っていき,子どもたちとX’masパーティー★

アスイク恒例「ベビーカステラ」を作っております。
7

こちらの教室ではカレーパーティー。
8

食事とともにいただいたお菓子を囲んで楽しい時間を過ごすことができました。
9
10

ご協力いただきましたCOOPの皆様,本当にありがとうございました。

(岡崎)

メリクリ!アスイクこども食堂(仙台)

皆様こんにちは!
寒さが増してきて、いよいよこたつデビューをしようか
本気で悩んでいます、今井です。
 
さて、毎月恒例!青葉区某教室で、
生協の方々にご協力いただいているお食事会!
今回はクリスマス仕様!
★スペシャルケーキ
★パエリア
★オニオンスープ チーズバケットのせ
★お漬物
1 2
おいしすぎて、男の子だけではなく女の子たちもおかわりをしていました(*^_^*)
 
そのあとはこれまた恒例?のビンゴ大会!(をしながら人生ゲーム☆)
※景品は全て生協様の取り組むフードバンク、フードドライブからご提供いただいたものです!
本当にいつもありがとうございます!
 
3
今年一年、毎月おいしいお食事を作ってくださった生協の方々、
本当にありがとうございました。
 
食卓をみんなで囲むことで
子ども達の意外な一面が見えたり
温かい気持ちになれたりしたなぁと
改めて感じています。
 
来年もどうぞよろしくお願いいたします!
 
(今井)

株式会社スピーディア様からのご寄付

株式会社スピーディア(www.speedia.co.jp/)様より、ご寄付103,500円をいただきました。

今後も継続的に子どもの支援に携わってくださる可能性があるようなので、

今回をご縁に連携させていただければ嬉しいです。

IMG_7937-2

電通様よりご寄付をいただきました。

電通様より、学生インターンが販売した作品の収益99,000円をご寄付いただきました。

数あるNPOの中から当法人を選んでいただき、大変うれしく思います。

ご期待の沿えるよう、引き続きチャレンジしてまいります!

IMG_1416

いざ赤坂! 復興アントレプレナー2017

こんにちは、今井です!
12月も中旬を過ぎ
寒さが一段と厳しくなってきました。
みなさん体調には気をつけてくださいね。
 


 
さて先月25日!
東京・赤坂にて!
起業体験復興アントレプレナー遂に出店!!
アントレ174-1
オシャレなヒトやモノが集まる『赤坂アークヒルズ』にて
 
 
<出店前の準備>
アントレ174-2
飾り付けやポップにお店それぞれのこだわりが見えます!
これまでの準備が存分に発揮されたカラフルな店頭☆
 
アントレ174-3
細部にまでこだわったポップ!おいしさが伝わってきます。
 
 
出店記念にぱしゃり☆
アントレ174-4
 
 
<いざ開店!!>
アントレ174-5
さっそく来店したのは外国の方!英語対応、みんなカタコトながら頑張りました!
(個人的にツボだったのは、ふかひれラーメン→シャークフィンラーメン)
 
アントレ174-6
こけしが飛ぶように売れていきます!和風な商品は外国の方に鉄板かも・・・?!
 
アントレ174-7
過去最高のベストポジション(マルシェのど真ん中)で出店!
 
アントレ174-8 アントレ174-10
アントレ174-9
終始笑顔で積極的に接客!!見事完売しました!!!おめでとう!!!
 
 
アントレ174-11
小さいお子さんをお菓子で呼び寄せる作戦・・・!結果ママがアメを購入してくれました。
その後この子どもちゃんが「アメおいしかったよ」と言いにわざわざ戻ってきてくれて、
みんなで感動!
 
 
アントレ174-12
おすすめは宮城のおいしいお米(^O^)ペットボトルに入っていてとても可愛い☆
 
 
アントレ174-13
段々と商品説明がうまくなり、最終的にはぐいぐいセット売りをする営業部長!
 


 
<販売終了!結果発表と振り返り@六本木ヒルズ>
 
場所を移し、初日から販売当日までの振り返りを 店長から発表してもらいました!
 
起業家(アントレプレナー)についても スライドを使って勉強しました。
 
そして気になる販売結果発表!
全てのチームで利益が出ました!!!(アスイク史上初!!)
素晴らしい~~~~!!!
 


 
DAY1、DAY2、DAY3、そして当日。
本当にどの子もよく頑張っていたと思います。
 
個性的なお店ばかりでしたが
どのお店もそれぞれにこだわりを持って最後まで笑顔で接客し、
宮城の良さを伝えられたのではないでしょうか!
 
「物を売ってみて苦労が初めて分かりました!」
「コミュ症だけど今日で殻を破れた気がする!」
「案外高い商品も、価値があればちゃんと売れるんですね」
「喜んでもらえるってこんなに嬉しいんだなぁ」
 
販売を通じてたくさんの学びがあったことが
子ども達の漏らす声からも分かりました。
 
この貴重な体験を忘れず、
今後にいかしてもらえたら嬉しい限りです!
まずはみんな、本当にお疲れ様でした!
 
(今井)

アーカイブ